人気ブログランキング |

タグ:箱根 ( 1 ) タグの人気記事

箱根時間

 真鶴に住んでいた私にとって、箱根は、まあ庭みたいなものだ。湯河原から大観山経由、有料道路も使わずクルマで30分もあれば芦ノ湖畔に到着できた。

 23区内の住人となって久しい今、かの地は立派な旅行先である。このほど、公共交通機関による3泊4日の旅。きちんとした事前計画が欠かせなかった。
 何しろ観光地のバスは、本数が少ない。7分置きに来るバスの現在位置が逐一掲示板に表示される都バスや、5分置きのダイヤの1本が3分遅れただけで、日英バイリンガルで丁寧に謝罪をする「おもてなし」なメトロ とは、訳が違う。1本乗り遅れただけで目的地到着が1時間遅れることだって珍しくない。
 天気予報が曇り雨マークの日、御殿場プレミアムアウトレットに繰り出すことにした。ホテル近くのバス停から御殿場駅まで40分弱。朝はほぼ30分に1本、夕方は1時間に1本。駅から無料シャトルバスが毎時00分から15分ごと。夕方のシャトルバスは混んで乗り切れない可能性があるから、早めに並んで、1時間に1本を逃さぬように気をつけねば。

 当日、予報通りの曇天の下、御殿場駅経由新宿行きの高速バスは2分ほど遅れてやってきた。乗客が多いせいかと思ったら、車内はガラガラである。遅延の理由はすぐにわかった。料金前払いの上、降車場所が発音できずに運転手にスマホを指し示すガイジン観光客や、スイカの残高不足で財布を探して鞄をひっくり返す老夫婦。最初の遅れを取り戻すどころか、バスは遅れていく一方である。
 駅に9時50分到着予定だから、余裕で10時のシャトルに乗れると思っていたのに。8分遅れになったところで、我慢しきれず運転手さんに声をかける。
 「御殿場駅、50分着ですよね?」
 はいそうです、と言う清々しい声に、ほっとする。残りのバス停は乗降客が少なくて、きっとびゅんびゅん飛ばすに違いない。多少遅れても10時に着けば問題ない。

 ところが、9時50分時点でバスはまだつづら折りの道をのたりのたり下っている。10時のシャトルを逃したら、買い物時間が15分も減ってしまう。まあ、私がじたばたしてもミラクルは起きないから、深呼吸をして気持ちを整える。
 結局10分遅れて駅に着く。時間厳守の交通網を世界に誇るニッポンで、この大幅遅延はなんなんだ。しかも謝罪の自動音声もなければ、運転手の「すみません」もない。50分着って言ったくせに。このヤロー。ロータリーの向こうから速やかに発車するシャトルバスを見送りながら、心の中で悪態をつく。
 ところが、シャトル乗り場にはバスに乗り切れなかった人の列。たとえ10時前に着いても乗れかなったのだ。そういうことか。ちょっと溜飲が下がる。降り始めた霧雨の中、15分立ちんぼはちょっと寒いけど。

 と思ったら、5分後にやってきたシャトルは、客を乗せられるだけ乗せたら、定刻を待たずにさっさと出発した。10時08分。なんと。さっきの遅延もニッポンらしくないが、フライングというのも、いかがなものか。タイ旅行のとき、5分遅れでバンコクを出発したのになぜかアユタヤに5分早く到着した電車を思い出す。
 1分2分に目くじらを立てていた自分を笑いたくなる。結果的に、どこかで辻褄は合うものだ。大体、買い物時間が15分「減る」わけはない。20時の閉店まであと10時間もある。
 West ZoneもEast Zoneも制覇して数多くの戦利品をGETし終わると、15時前であった。帰りのシャトルはまだ空いていて、定刻に発車した。つまりは臨機応変なのである。

 再び御殿場駅。霧雨が横殴りの冷たい雨に変わり、例によってバスはなかなか来ない。前に並んだ女性は、薄手のコートをきつく身体に巻き付け足踏みしながら「なんで来うへんの?」「どこで何してんねん」と大阪弁を繰り返す。目が合ったので、にっこり笑う。
 「朝のバスも遅れましたよ。ガイジンさんが多くて、支払いに手間取ったりして」
 箱根時間ですし、と心の中で付け加える。遅れても、宿に戻って温泉に浸かるだけでしょう。

 バスはやはり10分遅れた。ようやく開いた扉の向こうで、またぞろガイジンがスマホ片手に運転手と何やらやっている。「はよ降りてんか~」我慢の限界を超えたおばさんが叫ぶ。
 だからね、箱根時間なんです。
 箱根時間のほうが、きっと、グローバルスタンダードなんです。


by miltlumi | 2019-03-26 13:08 | 機嫌よく一人暮らし | Comments(0)