人気ブログランキング |

タグ:人間ドック ( 1 ) タグの人気記事

死ぬまでに食えるメシ

 もう3年以上も前だろうか。私より四半世紀年上の御大が、忙しい会議の合間にかきこむべく秘書が買ってきたお弁当を見て、キレた。
 「死ぬまでに食えるメシの回数はもう限られてるんだっ。1回だって、こんなくだらんモノで腹を満たしたくないっ」
 んな、また大袈裟に、と思ったものの、最近とみに、あの言葉への共感がじわじわ増している。

 年々胃腸がヤワになり、1回に食べられる量が減る。量が減っても、新陳代謝の鈍化のせいで体重は増える。1回1回の食事に何をどれだけ食べるか、真剣勝負。美味しいものをちょっとだけ。高カロリーのスイーツは、間食ではなく朝食か昼食の主食代わり。
 日々着実に減少していく「死ぬまでに食えるメシの回数」の1回分、出来るだけ充実させる努力を怠るわけにはいかない。

 それにつけても、腹立たしいのは、人間ドックの朝である。
 健康維持増進の役割を担うはずの病院が、1日の活力源たる朝食を抜いて出頭せよと命ずる理不尽は昔から感じていたが、今やそこに、貴重な食事の機会を1回分スキップせねばならない無念さが加わる。
 そして、あの、バリウム。
 食べ物の好き嫌いがない私は、これまでアレを拒否したり残したり途中でげっぷしたりすることなく、大人しく飲み干していた。最近は色々工夫が施され、甘くて冷たくて、ちょっとミルクシェイク(!?)みたいだし。

 しかし今年の人間ドックは、違った。灰色がかったゲル状の物体が並々注がれた紙コップを無造作に手渡され、一瞬フリーズする。
 「うららかな春の1日の始まりに、最初に口にする食べ物(?)がコレって、どうよ」
 私の心中を察することもなく、検査技師の女性は感度の悪いスピーカー越しに、くぐもった声で指示してくる。「はい、それでは一気に飲んで~」
 私の大切な朝ごはんが…、と無念さに胸がつぶれる思いで、結局一気飲みしたのであった。

 ただでさえ気分が悪いのに、最後の問診で医師がとどめを刺す。
 撮ったばかりのバリウムまみれの胃の映像を見て「胃壁が荒れてますね。胃潰瘍かも」とか、心電図のグラフで「心拍数が少なすぎます」「心筋梗塞の波形が出てます」とか、不穏な発言を連発する。
 挙句「ピロリ菌の検査、やっといたほうがいいですよ」とさり気なくマックのポテト並みの「ついで買い」慫慂。結果がクロだったら、菌皆殺し治療を強要され、死んだかどうかの確認が続き、なんやらかんやら…。もぉ~お、放っといてくれっ。

 だからドックはイヤなんだ、とぶつくさしながら、外に出る。花曇り、暖かな春の風。ようやく本当の朝ご飯がいただける。このままどこかおしゃれなカフェでブランチ、とアタマではあれこれ計画を巡らすが、おなかはぐってり重くもたれている。
 90歳まで生きるとして、あと3万6千回余りのうちの1回を、あんなくだらんモノで費消してしまった…。

 結局、うちに帰ってコーヒーとバゲットとチーズという平凡なブランチとなる。2回分損した気分だ。せめて夕飯は丁寧に、と煮干しでお味噌汁の出汁をとる準備を昼前に済ませる。
 午後、何やら心臓がバクバクして頭に血がのぼるような、妙な症状が現れた。すわ、心筋梗塞か!?と思ったが、違った。さきほど、出汁に酒粕を入れた(こうするとお味噌汁にコクが出て、しかも肌によい)とき、そのお箸をぺろりと舐めたのだ。酒粕で酔っぱらってしまうほど、私はアルコールに弱いのである。

 「死ぬまでに食えるメシ」にアルコールを勘案しなくて済むのは、カロリーコントロールのためには幸いなことかもしれない。酒飲みにはありえない発想だろうけれど。
更新を通知する


by miltlumi | 2019-04-02 11:16 | 機嫌よく一人暮らし | Comments(0)