<   2018年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

同級生はねずみ?

 まるで「ねずみの嫁入り」みたいだ。
 高校の同級生10人の飲み会。終電目指して走って行った遠距離組を見送ったあと、ふと思った。

 1学年12クラス540人のマンモス校だったから、その日のメンバーも、半数近くはまともに言葉を交わしたことがない。Facebookでつながって、たまにはリアルの顔を合わせようよ、と集まった。
 高校で何組だったかも定かじゃないくせに、青梅や鴻巣のマラソン大会をハシゴしてるとか、プロ野球チームの石垣島合宿に夫婦で同行したとか、週末は鎌倉散歩がてらカフェの甘い物でまったりしてるとか、近況はお互いしっかりチェック済である。
 でも、会って実際話すのは、やっぱり「あの頃」のことだ。

 体育祭がすごく盛んな学校だった。3年の夏休みは、駿台夏期講習より「仮装」と呼ばれる色別対抗(1・2・3年の1組は紫、2組はグレイ、と学年ぶち抜きの12色で競った)の出し物の準備に忙しかった。
 優勝は何色だった?という声に、成績の手書きメモやクラス代表12名の集合写真をとっておいた強者が、そのお宝を得意げに鞄から取り出してくる。
 今のデジタル写真に比べると、ただのピンボケ。30余年前の自分の姿を、本人でさえ見分けられないのも、笑える。

 -世界史は、ネアンデルタール人のところでついていけなくて、早々に脱落。
 (脱落ちょっと早すぎない? せめてローマ帝国まで頑張れなかったかな)
 -サインコサインタンジェントは、こういう語呂合わせで憶えてたんだよ。
 (…その数学用語、今何十年ぶりかで聞いた。意味さえすっかり忘れてるし)
 -化学のテストで赤点とってさ、追試は点数50%増し。つまり2点から3点。
 (あのテストは難しすぎ。化学のセンセイ2人が仲悪く、別々に出題してたよね)
 勉強の中身はすっかり忘れたけれど、コンブ・ワカメにガマ、出ガラシ等々、センセイのあだ名だけはいまだによく憶えている。
 I君が机の下でこっそり食べようとした弁当箱をひっくり返した事件は、若くてキレイでちゃんと苗字で呼ばれていたコイズミ先生の英語の授業中だったことも、皆の記憶が一致した。

 すっかり一人前のつもりで、スポーツ万能だとか授業中の寝顔が可愛いとか、そういうささやかな理由だけで、カンタンに恋をしていた。
 1度も同じクラスになったことのないM君は、第2体育館で卓球部の練習中、舞台の上で発声練習をしていた演劇部の私を見初めたらしい。
 その体育館はまだ健在だが、体育祭の後夜祭でプチデートをしたグランドの隅の楠は、とうの昔に伐採されてしまった。

 そういう高校生活のあと、大学に進学して、グローバル企業に就職して、仕事やプライベートでたくさん海外に行って、色んなものを見て色んな人に会った。
 片想いして両想いして、フッてフラレて、ケッコンしてリコンして、たまには人に言えないコト(!?)もした。
 いっぱしの大人ぶって、ちょっと偉そうな経験も、ちょっと華やかめいた経験も、いくつか経てきた。
 けれど今、すっぴんだった頃を同じ場所で過ごした同朋と共にいることが、一番しっくりくる。あの場所から出発して、ぐるっと一回りして、また戻ってきた。

 ねずみの嫁入り、である。
 世界一のお婿さんを尋ね歩いて、世界を照らす太陽、太陽を曇らす雲、雲を吹き飛ばす風、風を遮る壁、ぐるり一通り経験して行き着いたのは、最初の出発点のねずみ。ちゅう。


[PR]
by miltlumi | 2018-03-20 15:21 | 機嫌よく一人暮らし | Comments(0)

a0165235_21342015.jpg
ふとした瞬間に、わけもなく、
胸のあたりで暖かい感じがふわりとする。

少し切ないような、懐かしいような、いとおしいような、
かすかな疼きのような、
立ち止まって、静かに耳を澄ませないとすぐに溶けてなくなってしまいそうな。

だからこそ、
とても大切で、決してこの感覚を見失ってはいけないと思う。

心の中の掌でそれをやわらかく包み込みながら、
何かいいことあったっけ、と思いを巡らせてみる。
何があったわけでもない。
ただ、新しい季節を先取りする、ほわほわとした輪郭の曖昧な空気。

不安や心配の種が、この先しばらく何も思い当たらない。
胸をぎゅっと縮こまらせてしまうような事件は、何も思い出せない。
その代わり、
10本300円で色とりどりスイトピーの花を買ったり、
久しぶりに友だちとゆっくりランチをしたり、
お気に入りの作業に時間を忘れて没頭したり、
スポーツジムの筋トレのウェイトを1ランク上げたり、
読んでいる本が面白くてつい夜更かししてしまったり、
ただ、そんなことの積み重ね。

すぐそこまでやってきた春は、すこし桃色がかったミルク色をしている。





小さい春、みーつけた!



[PR]
by miltlumi | 2018-03-08 21:35 | フォトアルバム | Comments(0)