神様の棲み処

長年あこがれていた高千穂に、ようやく行ってきた。

元はと言えば、友人がFacebookにアップしていた天安河原(あまのやすがわら)の写真が、あまりのパワーに満ちていたのがきっかけだ。
「これ、どこ?」と尋ねたら、高千穂の天岩戸神社の奥にあると。
a0165235_22113511.jpg
すごかった。
すでに写真を見ているのだから、予想はしていたが、それでも吃驚するほど、すごかった。
初日に行って、翌日合流した友だちと、もう一度行ってしまった。
帰りがけ、雲間からお天道様が顔を出し、峡谷から立ち上る朝霧に一条の光が差した。
まさに、天照大神、天岩戸からお出まし。
a0165235_22114992.jpg
天岩戸神社から高千穂の町に戻る道沿いは、美しい棚田である。
縄文の時代から日本人の祖先がここに住みつき、だんだんと稲作を始めたのだろう。日本の原風景。
a0165235_22115663.jpg
国見ケ丘に着いたのは、もう昼過ぎだったので、雲海は期待していなかった。
招き入れられたお茶屋さんの人によれば、あの幻想的な風景が見られるのは11月くらいまでだとか。
視界が開けている分、阿蘇から連なる山々と、谷あいに点在する高千穂の集落が見通せる。
九州の「へそ」に近いこの絶景ポイントに、「気」が集まっているのが感じられる。
a0165235_22193637.jpg
この連山のいたるところに大小さまざまな神社がある。最後にどこかひとつ、というわけで、直感で選んだ二上(ふたかみ)神社。
伊邪那岐と伊邪那美の二人の神様を祀る。
これまた、すごかった。
a0165235_22125164.jpg
町中からはずれて、しかもかなりの山道を登った奥にあるので、参拝者も少ないのか、見上げる石段はすっかり苔むしている。
境内には、私たち以外誰もいない。
拝殿では、神主さんと巫女さんが向かい合って朝のお勤めをしている。
思わず頭を低くする。

***
あれから3週間。
今頃になってブログにアップしたのは、高千穂の「がまだぜ市場」で買い求めた古代米のせいである。
お米やそば粉、しいたけ、かぼす、あのエリアは食の宝庫。
小匙に1杯まぜるだけで、ご飯が赤く染まるよ、と友だちに教えられた。

お正月を実家で過ごしたあと、自宅に戻ってご飯を炊くのは2度目。
毎日お赤飯が食べられるなんて、しあわせ、と思った。

一方、九州ほどではないが、スーパーで売っていた大根は今が旬である。
ずっしりと重いお大根。すべすべの白い肌。しあわせ。
a0165235_22125329.jpg
思わず二つを並べて写真を撮って、自分で笑ってしまった。
私ったら、こんなささやかなものだけで、しあわせを感じられるなんて。
なんて安上がりなんだろう。

次の瞬間、高千穂の旅のことを改めて思い出した。あの時間。
なんて贅沢だったんだろう。

ということで、みなさまにも、贅沢なしあわせの御裾分けです。
(ちなみに、お大根は、丸のまま、ではなく、先っちょを大根おろしにして頂きました)


by miltlumi | 2019-01-10 22:34 | フォトアルバム | Comments(0)
新しい日記帳 >>