昔のレシピ

 ホームパーティのメニューは、作り慣れた料理に限る。

部屋の掃除や普段使わないワイングラス洗いやテーブルセッティングで、ただでさえてんてこ舞いするのが目に見えているのだから、せめて料理は手堅くいくのが常套手段である。

 それなのに、このたびのイベントではちょっと魔がさして(?)、1度も作ったことのない料理をメインにしてしまった。といっても「チキンとリンゴのサワークリーム煮」という、名前を聞いただけでネタバレするような簡単なもの。

手羽元と書いてあるのに、骨付は食べにくいからと鶏もも肉にし、玉ねぎは輪切りより薄くスライスしたほうがリンゴが際立つとか、勝手にどんどんレシピを変えてしまう。挙句の果て、決め手のはずのサワークリームをなめてみたら、すごく酸っぱい。レモン汁を半量に抑え、念のためソースを別立てにする。


 幸い、ソースともどもお客様には好評だった。「どこのレシピですか?」と訊かれ、「レタスクラブ」と答えながら、それが30年近く前の雑誌だということに、我ながら驚愕する。


 その頃はトロントに赴任していて、日本の親元部署から月に1度、好きな雑誌を何冊か航空便で送ってもらっていた。赴任者は日本語に飢えるだろうから、という心遣いである。男性赴任者は、奥様のために「家庭画報」や「ヴァンサンカン」をリストに加えていた。そんな中で、独身の私は迷わず料理雑誌。

 学生時代から、ファッション雑誌の後ろのほうに載っている「デートに最適!手軽なお弁当おかず」みたいな特集を見よう見まねで作るのが好きだったのだ。

 日本の食材と言えば中華食料品店の片隅にちょろりとキッコーマンが並ぶ程度のトロントで、レタスクラブのページをめくる。めぼしいメニューをちょきちょき、巻末の「1週間の献立」は丸ごと、切り取ってはスクラップ用の大学ノートに貼り付けたものである。

 日本から持参したその料理ノートには、バレンタインチョコの作り方から母の料理ノートから書き写した「お節料理」も手書きされていた。


 というわけで、30年ぶりに陽の目を見たサワークリーム煮である。しかしノートには、「どう考えても作らないよな」みたいなレシピ満載。ページは黄ばみ、糊は乾いてスクラップした紙片がはがれかけている。この際不要なものは捨てようと見直してみたら、「1週間の献立」はすべてゴミ箱行きだった。しゅうまいとかグラタンとかおでんとか、大体がもうレシピなしで作っている。 

 こういう普段着おかずも、レシピをみながら一生懸命作っていたんだな、と思うと、しみじみしてしまう。

 そういえばトロントで、赴任者の友達の奥様が、結婚後生まれて初めてハンバーグを手作りするのに5時間かかった、という逸話を聞いたことがあったっけ。かくいう私も、主婦業1年目は、週末に1週間分の献立を考えてから買い物に出掛けたものだ。


 断捨離のおかげで、書棚のレシピコーナーは少し隙間が出来た。この先はもうネット検索で済まそう、と思いながらも、クイーンズ伊勢丹に無料のELLE Cookingが並んだら、ついまた持ち帰ってしまうのだろう。

 そのレシピを味わえるのは10年先かもしれないけれど。



[PR]
by miltlumi | 2018-05-20 15:33 | 機嫌よく一人暮らし | Comments(0)
<< アラカンかアラシクか 富士山につられた女 >>