最近の兆候

 100円ショップで買いたいものが2つあって、いつ行こうかなあとぐずぐずしているうちに3つめが出てきた。こうなったらすぐに行かなきゃ。念のため行く前に買うものをメモろうとしたら、2つめのところでペンが止まる。頭の中で店内の棚を順に思い描いて、やっと思い出した。

 お味噌汁を作っていて、お豆腐を切ろうと封を開けたら木綿豆腐だった。お豆腐は絹、と決めているのに。どうして木綿豆腐がうちにあるのよ!?と憤ってみたが、それはなぜなら自分で買ったからである。誰のせいでもなく、スーパーで買い間違えた自分の責任である。

 オフィスで席替えがあり、壁に向いたデスクから2人ずつ向かい合わせに座る島に引っ越した。誰かに用がある時、振り返らずにすむから便利である。早速お向かいの人に話しかけようとしたら、苗字が出てこない。PCに向かっている彼女の頭の髪の分け目あたりをしばらく眺めていたら、ぽろっと出てきた。

 炊事手袋の右をよく破く。最近のメーカーは賢くて、右手2・左手1(もしくはその逆)のパックを売っている。珍しく左側を破いて、ストックしてある数枚の手袋を取り出した。どれが左手なのか、今自分が必要としているのがどちらの形なのか、判別できるまで3秒以上かかってしまった。

 土曜日の朝は、髪を洗わずきりりと結わいて、手早く身支度する。スポーツジムに出掛けて汗を流した後、お風呂でゆっくりサウナやシャンプーをするからだ。先週末もそのつもりでボサボサの髪で朝食を食べ、顔を洗うついでに気づいたらシャンプーしていた。ジムに行く意欲が半減した。

 最初の頃(っていつ頃のことだろう)は、それでも少しは「やばいな」「どうにかしなきゃ」と思っていた。
 最近はもう、そういうこと(ってどういうことだろう)を前提にして、ペースダウンするようになってきた。
 自分がどんどんバカになっていく気がしないでもないが(もしかすると「気」ではなく「事実」かもしれない)、今更大学受験をするわけでもないし、生き馬の目を抜くビジネス戦場の最前線で闘っているわけでもないので、大きな支障はない(と自分に言い聞かせているきらいがないでもない)。
 人は、こうやって現実と折り合いをつけて行くのだ。わはははは。
[PR]
by miltlumi | 2012-09-11 11:41 | マンモスの干し肉 | Comments(0)
<< 初秋の山中湖 重陽の節句 もしくは古今和歌集 >>