人気ブログランキング |

Expectation Control

 とある金融機関の話。テーマに興味のある社員が年齢性別本支店問わず応募して、抽選で20名強が週末1日缶詰になるという、比較的緩い形式の研修を行った。メンバー参加型プログラムなので、U字型に座ってもらうのが定形なのだが、先方が教室型しかできないと言い張る。いまどきテーブルが固定の研修ルームなんてあるはずないのに、何ばかげたことを言うのか。理由を質したところ「U字型だと、役職順に席順を作るのが難しい」という。
 ばらんばらんな部署からの自主参画型研修で、役職順!? こちらが「いや、席順はフリーでお願いします」と言った途端、電話の向こうで教育担当の部長代理は胸をなでおろし、明るく了承した。

 ここまで役職に拘るなんて、草食系の定義にもある「役職に興味がない」私には全く理解不能。と思ったが、後日別の筋から、その理由が明らかになった。
 銀行の人事部には、社員全員の成績表があるそうだ。ABCDEとか大雑把なものではなく、同期300人いたら1番から300番までばっちり序列がつく。そのように厳密に評価しながら、本人には知らせず、なんとなく同じように昇給していく。そして、40歳前後になると、やおらその成績表が役職となって顕在化するのである。
 言い換えると、40歳になるまでは、同期の桜達は内心「オレもいいとこまで行くかも」という淡い期待を抱き、日々是業務に邁進する。たまさか開催される週末研修で、アイツがオレの右に座ったのは、もしかしてオレのほうが評価が低いせいだろうか、なんてどきどきしながら。
 その「Expectation control」が非常に重要らしい。あまりあからさまに甲乙を示すと、トップのやつは慢心して仕事を怠けるし、トップと思ったのにNo.3だったやつは「けっ」とばかりに外資系投資銀行に転職して会社は貴重な戦力を失うし、下の方は働き盛りのうちからやる気なくして「大樹」にぶら下がり状態になるし。甲乙丙丁、夫々が全身全霊で会社に尽くすよう、そして40歳が近付いたら、来るべき最後の審判への心の準備(=諦めて定年まで勤め上げる)もできるよう、微妙に人参を見え隠れさせる。Expectation controlの極意。

 これを聞いた非金融機関系人間、「あっそれ、女性がその気もないのにぎりぎりまで男を引っ張る手口ですね。 ケッコンしてくれるかどうかわからないけど、もしかしたら、って男はイタリアンとか指輪とか散々貢いで、挙句『じゃあ』って去られちゃう。でも今更他の相手を見つける気力もないから、そのまま虚しく独身生活を送る、とか」
 わっはっは、と笑うマンモス系男子の前で、銀行マンの笑顔がひきつった。
 でも、近頃のニッポンの文化人類学的情況に鑑みるに、女性が引っ張ろうとしても、草食系男子はするりと縄抜けして、イタリアン招待どころか自分のためにケーキ教室に通っちゃうんじゃないだろうか。銀行のExpectation controlがマンモス系甲乙丙丁を引っ張っていられる時代も、そう遠くない将来に機能しなくなるのではないか。
by miltlumi | 2010-05-15 21:42 | サラリーマンの生活 | Comments(0)
<< 忘れる しあわせになる方法-その2 >>