初夏の新しい思い出

 季節の変わり目が、好きだ。
 昼間に街を歩いていて、あるいは夕方の空をふと見上げて、ああ、また夏が来たなあ、と思う。あの年の、あの場所で出逢ったのと、同じ夏。
 八ヶ岳の麓の貸別荘のデッキテラスに吹いていた風とか。
 都心のプールサイトで日がな一日寝転んで眺めていた空とか。
 そうやって、昔感じた季節の肌触りを思い出して、今と照らし合わせてみて、うん、やっぱり「あの夏」と同じだ、と思う。たぶんそれは、五感と一緒にあのときの満たされた幸せな気持ちも記憶の中から引っ張り出して、もう一度幸せを反芻したいんだと、自分でもわかっている。

 今年は空梅雨なのか、まだ7月にもならないのに、小学校のときの夏休みの空みたいな青空が広がって、お日様は朝っぱらからじりじりと肌を焼き、Tシャツの背中に汗がにじむ。
 それでも、季節が一歩進んだことは、なんとなく喜ばしい。特別な場所にいかなくても、こうやってうちでいつもの朝ご飯を食べながら、窓の外を眺めているだけでも、十分な気持ちになれる。
 今日の空気は、いつどこで感じた夏と似てるかなぁ、と思いを巡らせてみる。そう思いながら、過去を思い出さなくても、今、ここにいる自分が、そのまま満たされている、ということに気づく。

 平凡な朝の、平穏な気持ち。…だったはずなのだが。

 今日は「燃えないごみ」の日だから、朝食のミューズリーとコーヒーの食器を洗い終わってすぐにごみをまとめる。玄関を開けると、すいーっと涼しい風が吹き抜ける。昼間の熱を帯びる前の、まだ新鮮な空気。
 ごみ置き場から戻って、玄関の鍵を開けようとして。

 …鍵が、折れた。

 鍵穴にささった部分を中に残したまま、手の平にはヘッドの根元。
 まじか~!? 朝っぱらから締め出しか~!? 
 しかし、つい先ほどかけたのは、もう1つ別の鍵のほうだったことを思い出す(玄関錠は2ヶ所あり、それぞれ別の鍵をつけているのだ)。そぉっと鍵を差し込み、そぉっと回して、そぉっと抜き出す。つつがなく、ドアが開く。
 もう1つの鍵穴に残った折れた鍵はどうするか。慌てず騒がず、うちの中で一番先っちょが細いペンチを取り出してくる。ペンチは、難なく鍵の片割れをつまんで引きずり出してくれた。

 ま、結果オーライか。大過なく(?)始まった今年の夏。
 来年の今頃、青い空を見上げながら、くすくすと思い出すのは、この折れた鍵のことにちがいない。


[PR]
# by miltlumi | 2018-06-29 10:15 | Comments(0)

ホテルの朝食ビュッフェ

 「ここは、いい思い出しかない場所だ」
 ふわりと、そんな思いが浮かび上がる。思ってみて、改めてそうであったことに気づき、一層あたたかな気持ちになる。
 
 ちょっとした仕事の山を越えて、自分に何かご褒美を、と考えたとき、「ホテルの朝食ビュッフェ」というアイディアを思いつく。
 若い頃とちがって「食べ放題」で割り勘負けすることが多くなり、このところの旅行でも、ホテルはわざわざ「朝食なし」プランばかり選んでいた。でも、クロワッサンやシナモンロールやペイストリーや、フレンチトーストにマフィンにパンプディング、オムレツにカリカリベーコンとベイクドポテト、ブルーベリーヨーグルトとエトセトラエトセトラ…。
 うう、よだれ。たまにはカロリーやコレステロールや食後の膨満感への懸念をかなぐり捨てて、好きなものを存分に楽しんでしまおう。

 というわけで、うちから一番近い「朝食ビュッフェ」を提供するホテルまで、ママチャリ漕ぐこと10分弱。朝から黒塗りのタクシーがずらり並んだ正面玄関に堂々と乗り入れ、ベルキャプテンに「自転車はどこに停めればいいですか?」 
 オマエ、ホテルにママチャリで来るなよ、みたいな侮蔑の表情はみじんも見えず、「どうぞこちらへ」とカウンターのすぐ横の柱の特等席があてがわれる。
 にっこり笑って自動ドアを入って、思い出した。このホテルには、いい思い出しかない。

 ホテルというのは、旅先の宿泊というだけでなく、人と待ち合わせたり食事をしたり、終電を気にせず夜遊びをするときのセーフティネットであったり、あるいは手軽な非日常体験のための異空間であったり、実に様々な使い道がある。
 そうした様々な用途のレパートリーにXを掛けた数だけ、思い出がある。あの人と待ち合わせたあのホテル、あの人から待ちぼうけをくらったあのホテル。あの出来事の後に一人泊ったあのホテル、あの悩みに向き合うために何泊もこもったあのホテル。
 「あのホテル」がいっぱい。プラス、マイナス、合計してプラスのホテルもあれば、マイナスばっかりで「験が悪い」と自らを出入り禁止にしたホテルも。
 
 そんな中で、このホテルは、そういえば、特上の思い出しかない。
 久しぶりに足を踏み入れて、あの頃のことが堰を切ったように胸の中に溢れ出す。
 
 週末の朝、一人客など店の端っこに座らされるかと思ったら、一番窓際の、雨に濡れた緑とオープンテラスを望む明るいテーブルに案内された。コーヒーが、たっぷりのカフェオレカップになみなみと注がれる。焼き立てのパンケーキにメープルシロップ。朝刊と読みかけの本。至福の時間の始まり。
 3杯目のコーヒーを飲み干して立ち上がったのは、それから3時間も経ってから。
 このホテルでの「いい思い出」がまた1つ増えた。


[PR]
# by miltlumi | 2018-06-23 13:29 | 機嫌よく一人暮らし | Comments(0)

アラカンかアラシクか

 この春、また1つ歳をとった。最近は「アラカン」ではなく「アラシク」と言うらしい。だんだん人恋しくなる(&ヒマになる?)世代なのか、学生時代や昔の職場の同窓会の誘いが急速に増えている。

 その一環か、昔トロントに赴任していた会社のFacebookグループが立ち上がり、主催者の男性から友達リクエストが来た。

 今だから告白するが、あの会社でたった一人、「いいなぁ♡」とひそかに憧れていた相手が、彼だった。
 別の部門だったけれど、業務の関係があったため、同じ社内会議に出席したり、社内横断的な物流改革プロジェクトで一緒になったり。私は日本からトレイニーとして派遣されているヒヨっ子で、あちらは2、3ランク上の部長職だったから、対等に話ができるような間柄では、とてもなかったけれど。

 それでもあるとき、彼の個室でサシでプロジェクトの下打ち合わせをすることがあった。壁の片面は全面ガラス張りだから何の密室感もないが、なんとなくウキウキである。
 話をするうちつい夢中になり、身振り手振りが大きくなった私の耳から、イヤリングがポロリと落ちた。「Oh, excuse me」としゃがみこんでデスクの物陰を探る。ようやく拾い上げて椅子に戻ると、思わずこんな台詞を口走ってしまった。
 「こんなところにイヤリングが落ちてるのを誰かが見つけたら、ちょっとマズいよね」
 英語で何と言ったのか、EmbarrassingかDangerousだったか、もう憶えていないが、大きなデスクの向こうに座る彼の、耳まで赤くなった顏だけは、鮮明に記憶に刻まれている。

 FBリクエストを承認し、メッセージを送る。念のために、〇〇年に〇〇部門にいました、と書き添えたら、速攻で「I remember you well(よく憶えています)」という返事。WELLの文字が、私の頭の中で太字・イタリック・フォント44くらいにデフォルメされる。さらに、「Please visit Canada, I will host you.」
 あの頃、真っ赤になっちゃう純情派だったのが、大人(?)になったものだなぁ、とプロファイルを見たら、私より5歳上である。
 ということは、当時はまだ30代前半。そりゃあ赤くなるわけだ。手の届かないシニアエグゼクティブだと思っていたけれど。カワイかったなぁ、お互い。
 そして今や、彼もアラカン。四捨五入して、お互い立派な同世代。

 ちなみに、アラカンとは「嵐寛壽郎」だと思っている人が大多数のようだが、私は「阿羅漢」だと信じている。修行者として到達し得る最高位で、煩悩から解脱して尊敬や施しを受けるに相応しい聖者(Wikipedia)のことである。
 イヤリングがどーのホストがこーの、などという輩とは別格なのである。
 だからやっぱり、私は「アラシク」よりも「アラカン」という呼び方のほうがいいと思う。

追伸:アラカンでもアラシクでもなく、U60という呼び方もあるらしいが、どうも「Uボート」を思い浮かべてしまう私は、やっぱり立派なアラカンだろうか。


[PR]
# by miltlumi | 2018-06-12 15:58 | 私は私・徒然なるまま | Comments(0)