人気ブログランキング |

遅ればせながらのメルカリデビュー

 基本的に時代の流れに疎い。流行りモノはすかさずキャッチ、どころか、胡散臭げな眼差しで遠巻きにするのが常で、世の中がそろそろ飽きてきた頃に、ようやく手を出す、というタイプである。

 というわけで、このたびも、「え、今頃?」と呆れられるのを覚悟で、告白しちゃうと、初体験しました、メルカリ出品。

 実年齢を棚に上げ、買ってしまったミニワンピ。試着して、鏡の精に何度尋ねても「アンタにはムリ」というつれない返事。仕方なく、20歳年下の友達にさしあげた。別の人が「メルカリなら高く売れただろうに」と言うので、「やり方がわからない」とビビったら、丁寧に教えてくれた。

 さしあげたワンピは取り戻すわけにいかないが、同様の死蔵品がけっこうある。リゾート気分のハワイで買ったはいいがニッポンの空の下では派手ハデのサマードレスに、今更ながらのボディコンワンピ。靴箱には、無理して履いてはマメを作り、それでも捨てられないピンヒールのパンプス。

 

メルカリサイトで、まずは予習をした。なんたってブランド物はわかりやすい。ハワイのローカルブランドじゃあ、話にならない。靴やバッグは「傷あり」でもちゃんと写真掲載すれば、納得ずくでお買い上げいただけるようだ。しかし、1,000円の値付けでは、手数料10%と宅急便代差し引いて、手取りは100円!? 写真を撮ったり発送したりする手間を考えたら、とてもペイしそうにない。

そういう観点で在庫を点検してみると、ハワイのドレスはとても売れそうにないし、ブランド物でも裾のよれは写真ではわかりにくく、後でクレームが来るリスク大。そう考えると、きっぱり捨てる覚悟ができる。

というわけで、出品スクリーニングで勝ち残ったワンピース2点、靴3点、ショルダーバッグにPCバッグ各1点。写真を撮ってUPして、セールストーク満載のコメント書いて、お値段その他を設定して、さて、結果は?

ビギナーズラック、というやつでしょうか。出品後5日で、なんと4点お買い上げ~♡ 

底の四隅が擦り切れているショルダーバッグ、ホントに大丈夫かしら、と不安いっぱいで送ったら「大満足です~」というお返事にほっとする。

「らくらくメルカリ便」ではなく「ゆうゆう」にしてください、とリクエストされ、変更方法を質問ボックスを検索しまくって、ようやく「PCからは設定できない」ことを発見。その間、購入者にアサッテな質問をしたことを謝ったら「いろいろわからない事ありますよね」と温かなお言葉。

 あり合わせのラッピングペーパーで包装してコンビニに持っていったら、セロテープがはがれてファミマのテープで応急処置。「梱包がへたくそでごめんなさい」とメッセージいれたら、「いえいえ、お心遣いありがとうございます!」

 不思議な気分である。

見ず知らずの人と、ニックネームと商品を通じて、一瞬つながるだけ。出品者も購入者も、お互いを評価しあうシステムなので、いちゃもんつけたり暴れたりするモンスターがいないのは、ある意味当然。

それでも、配慮の行き届いた言葉のやりとりに、ほっこりとした気分になる。

PCバッグの粗利はたったの550円。マンション地下のごみ置き場に直行するのに比べたら、出品と発送にかかる手間と時間はケタ違いに多い。でも、ポイントはそこじゃない。

私にはもう無用の長物が、他の人の手に渡ることによって、再び陽の目を見られる、モッタイナイ精神。それはそうだけど、それだけでもない。

私が気に入っていた物を、同じように気に入ってくれた人がいる。その人との、一度きり、刹那的なやりとりが、なんとなくあったかく、優しい気持ちを生み出してくれる。

○○様、気に入ってくれるかな、と思いながら、丁寧に箱詰めする。


# by miltlumi | 2019-09-13 18:25 | 機嫌よく一人暮らし | Comments(0)

キミは天国を見たか?

 つかぬことを伺いますが、天国を見たこと、ありますか?
 私は、なんとつい先日、見てしまいました。

 熱中症でアタマをヤラれたわけでも、交通事故で生死の境をさまよったわけでもない。「Medicha」という、メディテーションスタジオ。

 座禅や瞑想が、マインドフルネスとかMeditationといった外来語として再輸入されて流行っている。集中力や創造性が高まり生産性が向上する云々と、禅の精神に真っ向から対立するような、思いっきり資本主義に毒されたような、現世利益的なメリットが喧伝されていて、正直私はアンチであった。一応、西麻布の永平寺別院長谷寺やビジネススクールのマインドフルネスコース、自宅で起き掛けに15分×1か月自主トレ、などトライしたが、全然効果なし。

 それを知っている友人が、「思いのほか面白かった」とあえて紹介してくれたのが、Medichaである。
 ネタばれになるので詳細は省くが、簡単にいうと、4ステップから成る1時間20分のコースで、最初の2ステップでは2つの空間を自由に行き来する。

 そのうちの1つに足を踏み入れた瞬間、「天国」を感じた。
 生死の境から生還した人々が「お花畑が見えた」「すごく美しい光に包まれた」「至福な気持ちがした」と証言している、あの感覚である。さすがに「死んだおばあちゃんが出てきて『まだ来るな』と手を振った」というような手の込んだ演出はないが、「♪天国よいとこ、一度はおいで♬」と皆を誘いたくなるような場所なのである。
 2つめの空間は、いわば「墓場」。棺の中に横たわっていると、こんな光景を感じるんだろうなぁ、というような場所。でも、決して暗かったり悲しかったりするわけではない。深い、永い眠りにつく前の、安らいだ感覚。これなら死んでもいい、と思ってしまう。

 科学的に説明すれば、つまるところ、あれこれ五感を刺激する仕掛けのある空間に身を置くことで、神経伝達物質であるエンドルフィンやらセロトニンが放出され、交感神経と副交感神経がバランスを取り戻し、心身ともにリラックスできたのである。
 アタマではわかっているものの、その生理現象が教科書通りに自分の心身で速やかに起動するのを感得する体験は、なかなかすごい。

 もっとずっと居続けたい、と後ろ髪をひかれながら、第3ステップへ。照明を落としたドーム型の部屋で、「手を床につけて、その感触を感じてみましょう」というインストラクションに従うと、来宮神社の大楠や高千穂の国見ケ丘やセドナのカチーナウーマンで感じたのと同じパワーが、ふつーの建物のふつーの床素材から伝わってくる(気がする)。
 そこから先、インストラクションの問いかけは聞こえているけれど、答えを考えようにもやわやわとまとまらず、寝ているようで寝ていない、体と心がふわふわとほどけていくような、不思議な感覚。これが、いわゆるメディテーション、無我の境地か!?

 最後のステップは、お香を焚いてお茶を飲む。はぁぁあ。

 建物を出たら、ものすごい夕立だった。乗ってきたちゃりを置き去りにするわけにもいかず、土砂降りの中を漕ぎ出でる。夏の雨は、滝のプールに入ったようで、むしろ爽快だ。さっきの余韻をもう少し味わいたくて、雨宿りがてら広尾のオープンカフェに立ち寄る。
 温かなカフェラテときめ細かなティラミスが、しみじみ美味しい。
 隣のスキンヘッド男性のテーブルで、ビールジョッキが2つ水滴をしたたらせている。
 額にバンダナを巻いた彼女がジョギングから戻り、二人でグラスを合わせる。
 お向かいのベーカリーのディスプレイガラスが、大粒の雨に煙っている。

 普段と変わらないはずの光景に、エンドルフィンだかセロトニンが放出されるのがわかる。安寧な気持ちは、実は毎朝感じることができるかもしれない。
 甥っ子のイタリア新婚旅行土産のマグカップに、なみなみと注がれたコーヒーの香り。
 暑さがまだ本気を出さないうちに開け放った窓から、熱心な鳥と蝉の声、そして風鈴。
 差し込む朝陽とサンキャッチャーが創り出す、壁一面に揺れ動くプリズム。
 窓の外には、植木屋さんが刈っても刈っても、気まぐれに伸びてくる植栽の緑。

 天国は、一瞬で創り出せるのかもしれない。


# by miltlumi | 2019-08-30 09:46 | 私は私・徒然なるまま | Comments(2)

お盆の日の会話

 先週のお盆は、台風が西日本を縦断してタイヘンだった。被害に遭われた方々、謹んでお見舞い申し上げます。が、台風進路の真下に住む甥っ子は、自称「晴れ男」なので、神奈川の実家に戻っていて無事だった。
 うちはお盆に親族が集まる習慣がない。私は普通に新宿で仕事が入っていて、一方の甥っ子は夕方から新宿で飲み会だというので、ランチをご馳走することになった。

 新卒入社4年目。真面目に仕事のことを話し合える年頃である。
 4月に異動した設計チームで、リーダーの右腕役やってんだ、と自慢する。そのリーダーの歳が、予想以上に高かったので、思わず「何それ、けっこうイイ歳のオッサンじゃん」と言ってしまった。
 次の瞬間、その年齢が私自身と全く同じであることに気づく(爆)。
 「いや、だから、チームリーダーっていうから、もっと若いのかと思って」
 フォローのつもりが、これまた全然フォローになっていない。

 そこから話は発展し、技術の進歩が著しい今や、(時代遅れになってしまった)自分の過去の経験が価値だと勘違いしているオッサン・オバサンはイタい、という話になる。
 「じゃあ、きみたち若い世代が年長者に期待する力って、何?」
 と尋ねたら、速攻の答え。
 「人脈」
 どこで誰が何をしているのか、そういう情報はネットでいくらでも調べられるけれど、その人と実際に知り合って、信頼関係を築くには、時間がかかるでしょう。
メール1つで頼み事が出来るような人を何人も持つには、やっぱり歳を重ねないとね。
 なるほど。こいつ、若いのに、なかなかわかってる。

 とかいいながら、私の大学院のアンケート集計実習で、この甥っ子は100人の友達にアンケートを拡散してくれた。既にけっこうな人脈である。
 中学の頃から幹事キャラで、つい最近も行きつけのレストランのシェフとつるんで、50対50の大・合コンパーティを主催したという。
 「俺の父さん(=私の兄)も友達の面倒見いいじゃん。その血を継いだかも」
 「あ、それって、私もそう。高校も大学も万年幹事だよ。お父さん、って、あんたのおじいちゃんも、業界の標準化団体で知り合った人の飲み会の幹事、よくやってた。うちの血筋だね。そういえば…」
 父が亡くなったのは12月30日だったため、お通夜と告別式は三が日が明けるのを待ってから執り行ったのだが、父が幹事役をしていた同業他社の飲み会メンバーが大勢参列してくださった。私もよく知っている、そのうちの一人に、こうささやかれた。
 「ほんと、お父さんはいいときに亡くなってくれたよね。新年会にぴったりのタイミングで皆が集まる機会を作ってくれて、ホント感謝だよ」
 聞きようによっては大層失礼な発言を、甥っ子はとても喜んだ。
 「それって、すっごい、いいね~。俺の葬式もそういうふうにしたいぜ」

 この子は、瀬戸内海で釣りを始めた。
 デビューのときの釣り竿は、私の父が使っていたものだ。
 「やっぱ、ほんと、血だねぇ」
 と言いながら、ふと思い出した。
 「釣りはねえ、あの人の義理の父、つまりおばあちゃん(=私の母)のお父さん、だからあなたのひいおじいちゃんも好きでね。結婚前おじいちゃんが未来の舅の鮎釣りに付き合って、『可愛い婿』って喜ばれたらしい」
 登場人物が、どんどん増えていく。

 お盆だった。
 お経はもちろん、ぼんぼりもお供えもないけれど、こうやって話をすることが、ご先祖様たちへの一番の供養だったかもしれない。


# by miltlumi | 2019-08-19 21:58 | 父の記憶 | Comments(0)