タグ:ボストン ( 3 ) タグの人気記事

転んだあとの杖

 このたびの海外旅行は、生まれて初めて保険を掛けた。腸閉塞の手術後4ヶ月、少し食べ過ぎると切断したお腹の筋膜がちくりと痛み、コルセットで保護していないとぽよよんとおなかが出てしまい、まだ完全復活とはいえない。
 主治医からの「行ってもいいけど、食べ過ぎないでくださいね」「アメリカでEmergencyに入れられたりするとひどいことされますよ」という不吉な忠告と、アメリカでの盲腸手術代は200万円という噂を聞いて、日頃何かにつけて不注意な私も、さすがに転ばぬ先の杖、という気持ちになった。

 結果的には、幸い保険のお世話になるような大きな事故はなかった。ということはつまり、小さな事故は発生したのである。

 その1。World Trade CenterからChina Town、SOHO経由Union Square・Washington Square・Madison Square Parkを総なめしてCentral Parkまで歩いた日、右足の親指に水ぶくれができた。つい爪切りで皮膚をV字にカットして水を抜いたら、翌日さらに深層部に水がたまった。爪切りがまずかったかと、今度は安全ピンで水を抜く。3日目もやはり水がたまり、初めて「水まめはつぶすな」と誰かが言っていたのを思い出す。
 いつもなら安全ピンで治るのに、というのはただの言い訳で、実はただでさえ人の言うことを聞かない性格が加齢のせいで記憶力さえ減退している証拠である。
 遅まきながら、ものは試しとそのままにしてみた。すると、水はたまったままだが歩いても特に痛くない。やはり人の言うことは信じるものである。

 その2。ホテルの部屋でキャスターつきのチェアに座ったまま横移動しようとしたら、左足の薬指にキャスターが触れた。まともな反射神経の持ち主なら、即座に椅子を止めるか足を引っ込めるのに、まずい、と頭ではわかっていながら体が動かず、そのままずるずる薬指はおろか小指までキャスターに轢き込んだ。さらにドン臭くも、アタマも身体もフリーズして、数秒間自分の体重と椅子の重量を2本の足指で受け止め続けてしまった。
 疲れて気力がなくなっていたのだ、というのはただの言い訳で、実はただでさえのろまな反射神経が加齢のせいでさらに機能不全に陥っている証拠である。
 ようやく尻を持ち上げてキャスターから指を引き抜くと、早速青黒くなり始めている。今度は頑張ってアタマを働かせ、製氷機からもらってきた氷をグラスにいれて足先に置いて冷やす。そのまま30分も冷やしたら、痛みも引いて青痣にならずに済んだ。

 その3。Bostonに着いて最初に訪れたPublic Garden。真っ青な空の下、緑の木々の間に輝く池の水面に、逆光で輪郭を天使のように煌めかせた鴨たち。シャッターチャーンス!と駆け寄って、歩道と芝生を隔てた低い柵を飛び越えた。と思ったら、柵の支柱のげんこつ状の鋼鉄に思いっきり右足の膝をぶつけてしまった。一瞬地球上のすべてが止まったような痛さ。
 池と鴨に気を取られていたのだ、というのはただの言い訳で、実はただでさえ鈍い運動神経が加齢のせいでさらに鈍重になっている証拠である。
 我慢して歩き続けていたが、痛みがどんどん増してくる。Pharmacyに飛び込んで湿布を探す。5枚で$7.99は高い気がするが、背に腹は代えられない。5枚のシートを1日2回取り替えて2日半。追加購入せずとも、無事膝の痛みは治まった。

 歳をとるにつれ、「転ばぬ先の杖」をどれほど用意しても、やっぱり転んでしまう。大切なのは、やってしまったあとにどれだけ迅速に対処できるか。
 「転んだあとの杖」、である。

<膝を強打した直後、痛さにめげずに撮影した写真↓>
a0165235_12271888.jpg

[PR]
by miltlumi | 2014-09-28 12:28 | NY after 8 years | Comments(0)

カフェのチェーン展開

 甘い物に関しては勤勉な私は、旅行前に「地球の歩き方・ボストン」のカフェ&スイーツの頁を丹念に読み込み、地図にもしっかり○印をつけた。美味しそうだけれどちょっと離れた所にある店は、残念ながら×印をつける。しかし、その準備の多くはある意味無駄であった。

 最初に気づいたのは、Faneuil Hallの近く。朝、ホテルの部屋でコーヒーを飲んだだけで、外で朝食を調達しようと歩いていたら、「Panera Bready Bakery」という看板が目に飛び込んできた。どこかで聞いた名前と思いながら入ると、なかなか美味しそうなラインナップ。オーソドックスにベーグル&クリームチーズとフレンチバニラフレーバーのコーヒーを買って、広場で食べながらガイドブックをめくったら、遠くて行けないと思って×印をつけた店だった。この観光中心地にちゃんと支店を出していたのだ。得をしたような拍子抜けしたような。Paneraの店は、その後そこ以外にも何店舗も見かけた。見かけるたび、有難味が薄れていった。
 同じことが、メキシカンのファストフード(蛇足だが、昔はファーストフード、と言っていたのに、いつの間に「ファスト」と詰めるようになったのだろう)チェーンのBolocoでも起こった。ガイドブックによるとホテルのすぐ近くというので、ラッキーと思っていたら、あそこにもここにもある。「チェーン」というからにはあちこちにあるのは当然だが、なんだか損した気分になる。
 かくして、ガイドブックに麗々しく書かれているわりには「結局どこにでもあるやん」ということで私の中で希少性を失った店は、「ボストン一美味しいコーヒーが飲める」Thinking Cup、「ボリュームたっぷりのブリトーが楽しめる」Chipotle、「創業以来の味が守られている」Legal Sea Foods(写真)など。ちなみに昔日本にもあったDUNKIN’ DONUTSに至っては、NYでもBostonでもそれこそ1ブロックごとにあるんじゃないかと思うくらいそこらじゅうにある。a0165235_954844.jpg

 この手の小売業は知名度がものを言うから、積極出店が常套手というのはわかる。しかしやはり、徒歩で歩き回れるエリア内に何店も、というのはいかがなものか。いかにもアメリカ的大量生産大量消費型資本主義の権化のようで、なんとなく興醒めである。
 そういえば、クアラルンプールやソウルに行ったときも、地場のローカルフードに混じってMcDonald・KFC・Pizza Hutといったアメリカ資本のチェーン店ががんがん進出しているのを見て、なんとなく暗澹たる気持ちになった。
 こうやって、「その地でしか食べられないもの」は影をひそめ、世界中どこに行っても均一な品質の没個性的メニューが様々な民族の腹を満たすようになる。
 スケジュールの詰まった短期出張なら、予想可能な安定した味を手っ取り早く摂取できるグローバルチェーンの存在は心強いだろうが、異国情緒を楽しみたい旅行者にとって、STARBUCKSやDUNKIN’ DONUTSのロゴを見てもあまり心躍らない。

 その点、Bostonのイタリア人街にあるMike’s Pastryなどは立派である。あれだけ繁盛しているのに、どこにも支店を出していない。典型的なイタリアのファミリービジネスである。世界広しといえども「BostonのNorth Endに行かないと食べられない」というほうが一消費者にとっては余程嬉しい。だから私は、6泊7日の滞在中に3回足を運び、5種類のスイーツを買い求めた。
 念のため、と思ってMike’s PastryのHPを見てみたら、支店こそ出していないけれど、Online shopが開設されていた。あのCannoliを冷凍にして、Fedexで東京まで送り届けてくれるのだろうか。
[PR]
by miltlumi | 2014-09-24 09:02 | NY after 8 years | Comments(0)

ボストンのイタリア街

 アメリカ人のヘルシー志向と対照的だったのは、Bostonのイタリア人街である。
「地球の歩き方」を予習しているとき、North Endというエリアにどうやら美味しいケーキ屋さんが集まっていることに気づき、楽しみにしていた。Bostonに着いた翌日、Freedom Trailを歩きながら寄り道したら、つまりNorth EndはNYのLittle Italy(最近はすっかりさびれてしまったらしいが)にあたる場所だった。

 Hanover という(なぜか)ドイツっぽい名前の目抜き通り沿いには、ジェラートやピザの店が並び、通りに面して開け放たれたフロアのテーブルにはトマト色のパスタの皿(もちろん量はがっつり昔ながらのアメリカサイズ)が見える。 
 お目当ての「美味しいケーキ屋さん」の看板商品はイタリア伝統菓子のカンノーリ。加えてリコッタクリームパイやブラウニー、シュークリームにジェラートなどなど。もちろん、鹿爪らしいカロリー表示は皆無である。
 地元客と観光客でごった返す店は、いかにもイタリアのマンマという体のでっぷり太った黒髪のおばさんが効率よく客をさばいている(イタリア人は、郵便の配達に1ヶ月もかけるというのに、こと食べ物に関してはちゃんと効率を追求するようだ)。その隣で、マンマの尻に敷かれていますと言わんばかりの哀しげな瞳をした主人が、痩せた指先でおつりのお札を数えている。a0165235_1445191.jpg
 ちなみにこの日はカンノーリを差し置いて、名前に惹かれて、ついBoston Cream Pieというものを注文してしまった。カスタードクリームが絶品だった。

 すっかり気に入ったこの通りで改めてパスタとカンノーリを食べようと、日曜日に再び出掛けて行ったら、運よく地域のブラスバンドが街を行進している真っ最中であった。そのメンバーたるや、…写真のとおりである。a0165235_1445371.jpgバトンガールといえば、普通は引き締まったナイスバディーのミニスカ、のはずが、すっかりイタリアンマンマ体型。そして、トランペットや打楽器担当もボリューミーなおじさま・おばさま方。a0165235_14462168.jpg
この開き直り方(別に当人たちは開き直っているつもりはないのだろうが)が天晴である。とりあえず美味しいもの食べて、楽しく音楽を奏でようや。って、そんな感じ。

 陽気なイタリア人に触発されて調子に乗った私は、Chocolate Ricotta Cannoliを立ち食いしたあと、もう一度店に入ってTurtle Brownieを注文した。アメリカの普通のブラウニーに比べても、その大きさ2倍くらい。ホテルに持ち帰って食べたら、それはブラウニーというカテゴリーを越えて、しっとりずっしり未知のチョコレートケーキの世界であった。
 というわけで、Boston最終日、3度めのNorth End。今度はChoco-Chip Cannoliと、Ricotta Cream Pie。至福。
 
a0165235_1447241.jpg

[PR]
by miltlumi | 2014-09-20 14:51 | NY after 8 years | Comments(0)