オトコ脳について考える

 男らしい男性と面と向かっていると、なんだか落ち着かない、不思議な気分になることがある。ここでいう「男らしい」とは、胸板が厚いとかハンマー投げがうまいとかマンモス狩りが得意だとかいうことではない。脳みそが典型的に男、という意味である。

 一緒にいて、ふと会話が途切れ、しばらくお互い黙ったまま、という時間が生じる。恋愛関係にない限り、それも火がついてから3ヶ月以内でない限り、そういう沈黙の間、お互いの瞳をじっと見つめ合う、などというこっ恥ずかしい芸当は出来るものではない。
 それぞれアサッテの方向を向き、相手について、あるいはまったくちがう事柄、たとえば「今日の夕飯のおかず、冷蔵庫に何が入っていたっけ」とか「明日の会議のプレゼン、あのページをやっぱり最後に持って行こう」とか、何やら思索に耽る。…と思っていたのだが、男性の場合そうではない。
 そういうとき男性は、何も考えていないのである。

 男脳女脳の話が巷にあふれ、それぞれの思考の遺伝的なちがいがあれこれと取沙汰されている。その中で、私がいちばん驚いたのは、なんと、男性が休んでいるとき、その脳みそ全体の実に7割が、完全に活動を停止するということ。それに対して女性は、脳みその9割が活動状態にあるそうだ。
 もともと人間は脳みその1割しか使っていない云々の議論があり、「脳みそ全体」とは何を指すかという問題はある。ただ、いずれにしろそれは分母の話。分子だけで見て、男が3に対して女が9、というのは、あまりに顕著な違いである。カンタンに言えば、女性は男性の3倍、モノを考えているのだ。
 あなおそろしや。

 黙したまま語らぬ男性に対して、「今、何考えてるの?」と尋ねたことのある女性は、私だけではないと思う。古今東西、そう問われた男性の答えはたいがい同じである。
 「何も考えてないよ」。
 またまた~。考えてないなんてあり得ないでしょ。何か考えてるに決まってるじゃない。隠しごとでもあるかしら。で、そのあとの女性の思考は二手に分かれる。
 やだこの人、私のこと好きになっちゃったのかしら。なんてって告白しようか悩んでるんだわ(楽観タイプ)。
 やだこの人、私のこと退屈だと思ってるのかしら。席を立つ言い訳を巡らしてるにちがいないわ(悲観タイプ)。
 両方とも、ブー。正解は「本当に何も考えていない」。

 心理学者や脳科学者が証明したこの科学的事実を知って以来、私は楽観主義も悲観主義も捨て去り、ただその表情をじっと眺める。この人は今、正真正銘なんにも考えていないのだ。完全停止している脳みその姿を想像する。
 茫洋としたススキ野原の上をそよぐ風。いかん、葉が動いているではないか。
 低い雲の垂れこめる空の下に広がる砂漠。いずこからラクダが…。いかんいかん。
 常に9割動く女性脳を持った私は、「何も考えてない男性の脳みそ」に関して、どうしても何も考えられない。ちがう。「何も考えられない」と考えているのだから、やっぱり何か考えている。男性脳には、決してなれない。

 ちなみに、このブログは夕飯の支度をしているとき思いついた。ワカメを水に入れてもどしながら次はきゅうりを刻もうと計画し、同時にそういえばあの人からメールの返事が来てないなあと思いつつ、である。その間ずっと頭の中にユーミンの「メトロポリスの片隅で」がBGMで流れていた。


[PR]
# by miltlumi | 2016-10-10 11:59 | マンモス系の生態 | Comments(2)

新聞の切り抜き

 普段スマホを持ち歩かない(データ専用のは最近ようやく購入したが、外出先でどうしてもメールチェックが必要なときかPCのテザリング用で、毎日鞄に入っているわけではない)私は、いまだに電車の中で新聞を縦四つ折りにしてちまちまと読む。サラリーマンでぎゅうぎゅう詰めの通勤電車に乗ることはめったにないので、さほど近所迷惑にはなっていないと思うが、ばさばさと頁をめくっていると、ちょっと時代錯誤な感じで肩身が狭い。
 さらに前近代的なことに、気になる記事があると、ついその場でびりびりと破いてしまう。あとで切り取ろうと思っていても、読み終わって駅に着いたときに反射的にゴミ箱にポイと捨ててしまうから、気づいたその場でやらねばならないのだ。

 クリアホルダーに差し込んだ(外出の際はたいがいクリアホルダーが鞄に入っている)ぎざぎざの切れ端は、うちに持ち帰ったらきちんとハサミで整えて日付を書く。書かれた内容にインスパイアされてブログを書いたり、取り上げられていた本を図書館で予約したり、そういう具体的な行動をすぐに起こせばいいのだが、なかなかそうはならない。
 記事の内容に対して一言モノ申したい気持ちだけは湧き上がるが、どうもうまく言葉にならない。切り抜いた紙片よりもささやかな、ほんのかすかな思考の切れ端が脳裡をよぎるだけで、はっきりした像を結んでくれない。そういう記事が知らぬ間に増えて、引き出しの中でがさがさと貯まっていく。

 父も、そうやってたくさんの新聞の切り抜きを貯めていた。技術者として半導体やリチウム電池に興味があったのはわかるが、オバマ氏とマケイン氏の大統領選(当時)や「SNSで英語学習」、「麹パワー」等々、種々雑多。セブンの業績好調の理由の「タスポ効果」には線が引かれて「?」とある。
きちんとハサミで切り取って、日付は赤いボールペンで記されている。こういうところは本当に親子似ている。
 緊急入院する3日前の切り抜き記事が「人生のエンディング⑫孤独死」というのは、ちょっと出来過ぎな気がする。父はハサミを動かしながら、まさかそれが最期の切り抜きになろうとは夢にも思わなかっただろう。
 だから、切り抜きの束を7年前の遺品整理の際に見つけたときは、どさっと捨ててしまうことができなかった。かといって全て残すには多すぎたから、最期の1ヶ月分くらいだけ、なんとなく自分のマンションに持ち帰ってきてしまった。
 そしてそのまま、今日に至っている。今、見返してみて、このままとっておくかどうか、少し迷う。

 私が切り抜いた新聞記事は、しばらく引き出しでがさごそしたあと、最終的にはどこかしらにファイリングされる。当然ながら増えて行く一方である。
 電子版にしてEvernoteと連動させれば、こんな原始的な処理をしなくて済むことはわかっているが、スマホさえ使いこなせない身として、そこまでのデジタル化にはとても踏み切れない。いずれにしても、父と違って私の場合、自分自身で読み返さない限り、この紙の束はこの先永遠に誰の目にも触れることはない。

 余談だが、同世代との間で話題になった日経記事のことを、後日8歳年下の男性に話そうとしたら、「日経なんて読んでるのは年寄りだけですよ」とばっさりやられた。


[PR]
# by miltlumi | 2016-10-03 18:20 | 父の記憶 | Comments(0)

やみくろの道

  最初は何気なく歩いていた道なのに、近頃はほとんどまったく通らなくなっている道がある。それは、うちから駅に行く路地だったり、公園に行く坂道だったり、あるいはスーパーから帰ってくる道だったりする。
 左に行って右折するか右に行って左折するか、どちらにしてもほとんど同じ距離で、ここに引っ越してきた当初は何気なく「右に行って左折」だったのが、今ではもっぱら「左に行って右折」だとか、そういうささいなちがい。でも、無意識のうちに「右の道はダメだ」ということに感づくときがあるみたいなのだ。一旦感づいたら、もう右に行く道は通れない。自然と足が遠のいてしまう。

 そういう道のことを、ひそかに「やみくろ」と呼んでいる。
 「やみくろ」というのは、村上春樹の「世界の終りとハードボイルドワンダーランド」に出てくる、地下に生息する邪悪な生き物である。彼らの縄張りに間違って人が近づくと、姿こそ見えね、その邪悪な気配は耳や肌で感じられる。本を読んでいて「やみくろ」の存在を知ったとき、合点がいった。地下鉄や地下道を通っていてなんとなく嫌だな、と感じる場所、あそこには「やみくろ」がいたのだ。やみくろがひそむ場所には、ネガティブな気配が漂っている。
 地上も同じことだ。「右の道はダメだ」と思った、その場所には「やみくろ」がいる。「やみくろ」は、その「場」が持つ負のエネルギーなのだ。散歩好きな友人は、そういうふうに出来れば避けたい道を「気分が盛り下がるから」と表現していた。

 一方で、そこにいると気分が盛り上がるというか、清々とする場所もある。古くからある神社仏閣、大きな木が繁っている並木道。「気」がいい、と思う。そういう場には、ポジティブなエネルギーがあふれている。
 「場」にはそれぞれエネルギーがあって、良きにつけ悪しきにつけ私たちに影響を及ぼしている。普通は気づかないけれど、ふとした拍子に強く感じることがある。それは人間には如何ともし難い自然のパワーだから、へたに逆らってはいけない。建物を新築する際にいまだに行われる地鎮祭は、この「場」のパワーをなだめるための大切な儀式なのだと思う。

 最近は少し落ち着いたようだが、ポケモンGOで大挙して押し寄せる人波に業を煮やした各地の神社仏閣、名所旧跡が禁止令を出した。歩きスマホは危険だから、といった皮相的な話ではない気がする。恐山が、霊場はポケGOに「ふさわしくない場所」と称したように、その「場」が持つパワーとか本来の「意味」みたいなものを無視した振る舞いは、「場」に対する敬意を忘れている。「やみくろ」を怒らせるだけである。

 こういう話を人にすると、その反応はたいがい2つに分かれる。「あー、わかる。そういうの、ゼッタイあるよね」というタイプと、一瞬口をつぐんで、「何わけわかんないこと言っちゃってるの?」という表情を浮かべるタイプ。まあね。「科学的」じゃない、ということはわかっているけれど、ね。
 かくして私は、やみくろと遭遇しないよう、平安時代よろしく「方違え」をしながら毎日を過ごしている。



[PR]
# by miltlumi | 2016-09-29 10:26 | 私は私・徒然なるまま | Comments(0)