マンモスの干し肉、もしくはパンパース―その6

「その5」を読む~

 さて、この「干し肉」を現代に当てはめて考えてみれば答えは見えてくる。そう、週末ランチと称して昼間からワイン片手に5時間もおしゃべりに興じる我々が、仕事の傍らで編み物やビーズ通しや絵描きに夢中になるのは、つまりは「干し肉」の代償行為」なのである。Hが典型だが、彼女は平日の昼間(夜中までだけど)はXY動物に交じって健気にマンモスを狩っている。男性ならそれこそが人生最大の目的であるからにして、夜はがああっと寝るか、マンモス狩りの手柄話を披露するための宴席を設けるか、あるいはマンモス狩りのご褒美として奥様(あるいはそのオルタナティブ)の褥に迎え入れてもらうか、つまりマンモス狩りの「ついで」もしくは「派生的」作業しか残っていないが、Hにしてみると、XX遺伝子が求める「人生の目的」に「取り組んでいる感」が全然ないのだ。だから残業の後でも徹夜で編み物にいそしんでしまうのである。しかも異常と思えるほどに。
 生物学的に見れば、人生最大の目的が子孫繁栄であることは間違いない。が、その目的遂行の顕在性という観点で言うと、女性の方があからさまである。つまり「子供のいる女性」と「子供のいない女性」の区別は、男性に比べてより容易である。というか、そもそも先述のとおり男性が「人生最大の目的」に参画する度合いは女性の比較にならぬほど軽微なわけだから、むしろ男性は「最大の目的」が欠落していて「第二の目的」であるマンモス理論によってのみ制御されていると言っても過言ではなかろう。
 本来なら参画資格十分の女性が、たまたま「人生最大の目的」に参画していない場合(あるいはしたくてもできない場合)、「干し肉理論」に傾倒する度合いが強くなるのもむべなるかな。しかも幸か不幸か、マンモス理論に比べると、干し肉理論の実践手段は格段にそのバリエーションが豊富なのであるから、女性は無限に「干し肉を干す」ことができる。我々3人の例はもとより、「趣味」と言われるもの全て、VERY世代の奥様方のファッション競争やカルチャーセンター通い、今や井戸端代わりの病院の向こうを張っているスポーツジムでのお婆様方の「プール歩き」や皇居周辺の「歩きんぐ」軍団、エトセトラエトセトラ、もう干し肉の代わりになる行動は枚挙にいとまない。
                                                ・・・「その7」(最終回)に続く

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村   
[PR]
# by miltlumi | 2010-01-26 23:29 | マンモスの干し肉 | Comments(0)

マンモスの干し肉、もしくはパンパース―その5

「その4」を読む~

 さて、次が本題の干し肉理論である。XY動物は上述のようなマンモス理論に基づいて生息していることが明らかになったが、一方XX動物はどうか。同じく上述の通り、女性の最大の役割は子孫繁栄、すなわち妊娠・出産・育児である。これをパンパース理論と言う。ゆりかご理論でも哺乳瓶理論でもいいわけだが、あえてパンパースとするのは、つまり産んだ子供が「おしめがとれる年齢」に至るまでの女性が、特にこの理論の対象者になるという意味である。めでたく子供が成長してしまった女性、もしくは最初からこのフィールドに参戦していない(つまり妊娠・出産・育児の経験のない)女性に適用されるのが、干し肉理論ということになる。
 子供のいない(あるいは子供が成長してしまった)女性は、何も現代に限らず太古の昔も中世でも近代でもいつでもいる。で、彼女達は何をしていたか。マンモス理論に合わせて、太古の昔を例にとると、そう、彼女達は男達が捕ってきたマンモスの干し肉を作っていたのである。
 いつもウサギしか捕ってこられない甲斐性なしの夫が、まれにマンモスを仕留めて得意満面で戻ってくる。洞穴の一族郎党は狂喜乱舞、その日は火を囲んで夜通し宴会。それでもマンモスは一晩で食べきれる量ではない。しかし、マンモス理論に骨の髄まで染まってしまったオトコたちは、マンモスとの格闘で疲れた身体を癒すやいなや、再び荒野にAnotherマンモスを求めて旅立つ。次にいつマンモスが見つかるかは神のみぞ知る。後に残った女は、もしもの場合に備えて、あるいは単に「もったいないから」マンモスの残り肉を割いて焚火にかざして干し肉を作るのだ。しかしこれはこれで忍耐力と注意力を要する仕事(ちょっとよそ見をしているとたちまち黒こげになったり、逆に火を絶やして生干しになったりしてしまう)なので、子育ての片手間でできる作業ではない。おのずとこの役割は乳飲み子を持たない「干し肉世代」の女達の仕事となる。
 マンモス狩りの留守を守る女達の仕事は干し肉作りだけではない。木の実を拾ったり、木の皮や草の筋で衣服を作ったり、「干し肉」作業のバリエーションは無数に存在する。
                                              ・・・「その6」に続く

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
[PR]
# by miltlumi | 2010-01-25 09:05 | マンモスの干し肉 | Comments(0)

マンモスの干し肉、もしくはパンパース―その4

「その3」を読む~
 
 ともかく、人間という動物の存在意義を全うするのに、福岡伸一先生の「アリマキ」理論を引くまでもなく、ほんのわずかな役割しかあてがわれていない男性諸氏は、余った時間で「食べ物の調達」に精を出し、自らの存在意義を少しでも高めようとする。
 その際、いつでもどこでもマンモスが狩れるわけではない。仲間の男達とともに何日も狩り場をかけずりまわった挙句、マンモスどころかキツネ一匹見つけることができず、仕方なしにウサギ3匹くらいをちゃちゃっと仕留めてすごすごと洞穴に戻ってくる。そこでは人間として「重要な任務」に就いている妻が大きなお腹を抱えて待っている。「ふうん。ウサギなんだ」 悪阻で気分の悪い妻は、自分の感情も露わに軽蔑した声でつぶやく。その瞬間、オトコは断崖の下に突き落とされる。「オ、オレって、役立たず…?」 
 このあたりから「手段の目的化」が始まる。つまり、本来の目的である「食料の調達」ではなく、調達してきた食料を見て「喜ぶ女の顔を見る」ことが目的となったり、あるいは獲物が大きいときにより嬉しがった女に触発されて「より大きい獲物を狩る」ことに執心したりするようになるのである。かくしてオトコは今日もマンモス目指して必死の形相で狩りに赴く。 (今日の文章は長いから、この続きは左下の「More」をクリックしてくださいませ。そしてさらに「その5」に続きます)

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村


できそこないの男たち (光文社新書)

More
[PR]
# by miltlumi | 2010-01-24 11:34 | マンモスの干し肉 | Comments(0)