カテゴリ:Ubud in 2014( 2 )

旅行帰りに食べたいもの

 3度目のバリ島は、食生活が充実していた。2度目に実感したフレッシュフルーツジュースの普及率の増加は既に確固たるものとなり、ホテルの朝食でもパイナップルやマンゴーやスイカ、どれもとっても美味しかった。定番のサテやナシゴレン、ミーゴレンも、店によって味や姿かたちがちがうけれど、いずれも「当たり」だった。前回みつけたイタリアンレストランでも、カラッと揚がったカラマリがたくさん乗っかったサラダや、薄くてパリパリのピザにフォンダンショコラ風チョコレートケーキが抜群だった。

 真夜中近くに羽田に帰着し、翌日は旅の余韻に浸る間も、たまった洗濯物をやっつける暇もなく、昼前からずっと外出、夕方早めの宴席にまで参加して、夜9時過ぎに帰宅。地下鉄を下りてうちに戻る道すがら、突然ご飯が食べたくなった。白いご飯。けれど、うちには冷凍ご飯さえ旅行前に食べ尽くしたきりだ。
 10時まで開いているスーパーのお惣菜コーナーに行けば白飯は売っているけど、意外に古風な私は、炊いたご飯を買うという行為をどうしても自分に赦すことができない。コンビニのおにぎりならいつも気軽に買うが、今食べたいのはあくまでふんわりお茶碗に盛られた白いご飯。ぎゅーぎゅー米粒を押し固めたモノではない。ましてや、茶色くてあまじょっぱい味がついた妙に細長い米粒ではない。白いご飯。嗚呼、真っ白でつやつやのご飯!!

 昔よくNY出張をしていた頃、時差ボケで真夜中に突然おなかが空くと、決まって「キムチご飯」を食べたくなった。だから出張前にはちゃんとスーパーででっかいキムチの壜を仕入れ、炊いたご飯は冷凍せずにお釜に残した。真夜中、もう歯も磨いたあとだというのに、むくりとベッドから起き出して、キムチだけをおかずにご飯を掻きこむ。いかにも胃に負担のかかる不健康で隠匿的で蠱惑的な習慣。
 バリ島とは1時間しか時差がないのに、あのときと同じ。でもキムチはいらない。とにかくご飯。電気釜だと40分以上かかる。そんなに待てない。うちに着くやいなや、圧力鍋のレシピブックを引っ張り出す。「炊く前30分水を吸わせる」という記述は無視してとっとと火にかける。沸騰後5分。火を止めて10分。おほほ。
 その間、旅行前に食べきれずちょっとだけ残っていた白菜でお味噌汁を作る。それと、お香典返しにもらったまま手つかずの「かつおそぼろ」。こういうのって、なかなかご飯を食べない育ち盛りの子供をだますための小道具で、炭水化物の摂取量を極力減らすべきオトナが手を出してはいけないのだが、今夜ばかりは解禁である。

 圧力鍋のピストンが下がり、ふたを開くと、まさに理想的なつやつやご飯。わーい。一口食べるとちょっと芯がある。げげっ。やはり30分は不可欠だったか。しかし背に腹は代えられない。どばっとそぼろをかけて、お味噌汁とともにいただく。あー。至福。しみじみ、日本人だわー。1膳目をぺろりと平らげ、2膳目へ突入。同じくお香典返しの梅茶漬けにしちゃいましょ。

 しかし、たった1時間の時差ボケ空腹の限界か、単に歳をとってバカ食いできなくなったか、お茶漬けの途中から箸の動きが鈍ってきた。うう。くるしい。やめようかしら。でも、お茶漬け残すと水を吸ってぶよぶよになるだけだし。ええいっ。
 食べきって、キモチ悪くなった。そのときになってようやく、夕方の宴席でピザやフライドポテトをいただいたこと、ならびに宴席前の時間つぶしにミスタードーナツに入ったことを思い出した。ミスドは魔法の場所で、入るとなぜか選択能力が低下してつい条件反射的に3つ買ってしまう。2つ食べて、1つはうちに持ち帰ったのだ。
 タダの食べ過ぎやん。

 春巻きもタイ風チキンカレーも美味しかったけどね。やっぱり、白いご飯。でも、ミスドも捨て難い。
(下の写真は、水田からの風が吹き抜けるチェディークラブのメインダイニングのナシゴレンとミーゴレンです)
a0165235_1958261.jpg

[PR]
by miltlumi | 2014-02-11 19:58 | Ubud in 2014 | Comments(0)

バリの思い出:道に迷ったわけではない

 今回のバリ島旅行の思い出その1。
 吹き抜けのあるおしゃれなレストランが渓流沿いのホテルにあるというので、ちゃりで行ってみた。ホテルにつながっているはずの道がどんどん狭くなり、アスファルトがなくなって石畳もなくなって、タイヤの轍を草がぼうぼうと覆い隠す頃になると、先ほどから口数が減っていた連れがついに立ち尽くした。
 私はとりあえず自転車を横倒しにして、果敢に草をかき分けて進む。カーブを曲がった先は、ごろごろ石と雑草が競い合う急斜面だ。でもその下に、懐かしいアスファルトの平面、向こうにはいかにも人造物らしいコンクリートの柱状の物体。きっとホテルの塀の一角だ。よかった。助かった。
  「道に出られるよ!」
 大声をあげて、斜面を駆け登り、自転車のハンドルをしっかとつかんでごろごろ石の斜面をゆっくりと降りて行く。こういうとき、21段切り替えの本格バイクは頼りがいがある。ママチャリじゃあさすがにね。

 降り切って、自分が犯した誤解に呆然とした。誤解その1。ホテルの塀と思われたコンクリートは、急流を遮る水門であった。誤解その2。舗装道路と思われたアスファルトは、水門の周囲だけのわずかなスペースのみ。
 しかし正解もある。ホテルはすぐ目の前であった。水門のほんの数メートル上流に、ホテルの庭にかかる橋があり、すっくりとそびえる椰子の木の下の植え込みで、おじさんがのんびりと芝刈りをしている。
 ただし、人の手の行き届いたホテルの庭と、私たちがいる水門側のジャングルとの間には、高いたかーい網フェンスが…。しかもフェンスの手前には天然自然の熱帯雨林の木々が生えている。まずこの木を伐採しないかぎりフェンスにはたどり着かず、着いたとしても高さ2m以上あるフェンスの上を、どうやって自転車を担ぎあげるのか。
 言葉を失い、わずかな日陰にへたりこむ二人。額から、滝の汗。
  「だって、この地図だとこの道がホテルの前までつながってるじゃない」
  「1本はいるところ間違えたんじゃないの」
  「でも、この四つ角のこっち側に行ったら○○ホテルでしょ。この道以外あり得ない」
 しかし現実には、道は繋がっていなかった。いや、かろうじてつながってはいたが、ここに垂直にフェンスが立ちはだかっていたのだ。そもそもこの地図、ダンプカーがびゅんびゅん行き交う両側1車線の幹線道路と、この未舗装の道なき道がおんなじ太さで書かれていること自体、間違っている。

 「戻ろう」
 そう言われて、びっくりする。だって、「渓谷から渡ってくる風が爽やかな高級レストラン」はすぐ目の前のアスファルト道を進んだところにあるはずなんだよー。しかし、冷静に考えれば、戻る以外の選択肢はない。

 下から見上げると傾斜30度くらいに見えるごろごろ石の坂は、自転車のボディーをむんずとつかんで抱えて登るしかない。ほんと、スポーツジムで腕を鍛えておいてよかった。  
 登ってしまうと、意外にあっけない。究極の急斜面地獄を経験したあとは、先ほどの道なき道の雑草畑も大したことはない。途中で視界が開けて、大きく深くえぐれた谷と向こう岸の斜面にぽつぽつと建てられたバンガローを見渡せる草原は、さっきも立ち止まって風を満喫したが、帰りがけは汗だくの身体になおのこと気持ちいい。

 結局渓谷のレストランは諦めて、水田を見晴るかすレストランに変更した。美味しいナシゴレンとミーゴレンを食べて、ホテルに戻った。スニーカーを脱ごうとすると、靴下に無数の細い草の実がついている。1つ1つ抜き取って庭にばらまきながら、この草の生態系拡大に寄与したことが、本日の最大の成果であった、と自分を納得させた。
 みなさん、「地球の歩き方・リゾート・バリ島」の地図はうのみにしないようにしましょう。
 ちなみに事後に見たGoogle Mapでは、我々が突き進んだ道の途中で「道」の表示は途切れていました。最初に見とけばよかった。。。
a0165235_20144426.jpg

↑向こう岸のバンガローを望む。水門&フェンス越しのホテル庭は、失意のあまり写真撮るのも忘れてた。。。
[PR]
by miltlumi | 2014-02-05 20:15 | Ubud in 2014 | Comments(0)