カテゴリ:Ubud in 2013( 7 )

2013夏・ガムラン@新宿

 芸能山城組のケチャ祭りに行った。二年半前にウブドで初めてガムランとレゴンダンスを観て以来、あの独特の響きと指先や目線にまで神経を届かせた複雑な動きにすっかり魅了されているのだが、それを新宿で無料で体験できるというので、すごく楽しみだった。

 ジェゴグ(竹でできた木琴のような楽器)の手ほどき、山城組の十八番のグルジア男声合唱・ブルガリア女声合唱に続き、ようやく舞台にガムランの楽器が次々運び込まれてくる。ウブドと同じ、複雑な曲線模様を施した赤と金の楽器。白と黒のギンガムチェックの布で覆った太鼓。
 ところが、おもむろに登場した肝心の奏者は、もろにジャパニーズなハッピ姿。しかもなぜか、ボール紙に螺旋の切れ目を入れて立体状にした帽子をかぶっている。町内の七夕祭りで笹の葉に飾られるようなシロモノ。ちょっと興醒めだなあ、と思いながら、最初の音が鳴る瞬間を待つ。

 カーン。来た。鋭い金属音なのに、なぜか耳をつんざくキツさがない。何人もの奏者が奏でる音が重なり合って、速く遅く、高く高く(ガムランにはコントラバスのような低音のイメージがない)、まさに天に向かって神に奉げられるようだ。
 思わず空を見上げると、ウブドの漆黒の闇の代わりに、暮れなずむ空に屹立する新宿副都心の高層ビル。舞台の反対側には、素足に短パン姿で一眼レフカメラを構える西欧人観光客の代わりに、仕事帰りとおぼしきワイシャツの襟元を開いたおじさんたち。不思議な気分。

 もう一度舞台に視線を戻して、風景やギャラリー以上に決定的なウブドとの違いに気づいた。奏者たちが互いの顔を見合いながら演奏しているのである。譜面も指揮者もコンサートマスターもないガムランは、お互いがお互いの音色に合わせながら一つの音楽を創り上げていく。この楽器のリズムに合わせて、とか、あの楽器があのフレーズを叩いたら、いうふうに、キューを出しあっているのだろう。いかにも皆で支え合いながら合奏をしている光景は、それはそれで微笑ましい。
 しかし、私が記憶している限り、ウブドのガムラン奏者はお互いの顔など見合わせていなかった。ひたすら宙を、あるいは自分の手元を見ながら、それでもぴったりと息が合っている。たまに、自分のパートが休みの時に観客席を見回す余裕をかます人もいる。それでも、タイミングがくれば、ぴっと弾かれたようにカナヅチのようなバチを滑らせ始める。
 踊り手も、瞳を左右に動かすバリ舞踊独特の視線とは明らかに異なる、隣で踊るパートナーの動きを確かめるための横目線が何度か見受けられた。
 やはり年季のちがいか。生まれたときからガムランを聞いて育ち、ヒンドゥー教がすっかり日常に溶け込んでいる。最初に観たガムランの観客はたった四人だったけれど、その五倍以上いる奏者たちは、興行料を気にする様子もなく美しい音色を聴かせてくれた。彼らにとっての演奏は、観光客のため以前に、神様に奉げる祈りなのだ。

 それでもやはり、ひとつのものをみんなで創り上げて行く現場を自分自身の目と耳で体験し、その時間と空間を共有する醍醐味は何物にも代え難い。心配された夕立はなく、ビルの谷間を時折涼風が吹き抜けていく。
 第二部は、紺のハッピから臙脂色のバリ風の制服に替わった。目を閉じて、ウブドの空気と香りを思い起こす。耳に響くガムランは、本場よりもほんの少しお行儀がよくて整った感じがした。
a0165235_1215259.jpg

[PR]
by miltlumi | 2013-08-02 12:00 | Ubud in 2013 | Comments(0)

熱帯でBonsai

 ウブドのホテルからクルマで空港に向かう道沿いで、この地に似つかわしいとは言い難い単語を記した大きな看板が目に入った。a0165235_162130100.jpg 
 「Bonsai」
 ぼんさい、盆栽? 熱帯でBonsai?! 

泊ったのは、王族が所有するアユン川渓谷沿いに建つホテルだった。何万年もかけて川がえぐったのであろう、大きく蛇行する流れからは垂直の崖がそそり立つ。崖の上はもちろん、崖下のわずかな地面や険しい崖っぷちにも、熱帯の木々がおうおうと声をたてんばかりに生い繁っていた。
 プールやコテージやオープンエアの東屋レストランの回りにも、ニッポンではおしゃれな鉢植えの「観葉植物」としてありがたがられるような木々たちが、ニッポンに出稼ぎに来ている親戚とは比較にならないような大きな葉を惜し気なく広げていた。何しろ、ポトス、と思われる斑入りのハート型の葉が、葉渡り30㎝以上もあるのだ。第一園芸で買ったらお高いだろうなあ、と思うようなアンスリウムやコンシンネやサンセベリアが、無造作に地植えになっている。こうした木々は、天然自然そのまま、というわけではなく、2005年の開業前から生えていた植物を出来る限り生かしながら、巧みに植え替えたり追加したりして、ホテルの名にし負う大いなる生命力(ピタ・マハ)を体現させているのだろう。
 年間の平均気温30℃近く、雨季には毎日暖かな雨がざあぁっと降って、地上の塵や埃を洗い流してくれる。放っておいても植物たちはすくすく成長しそうなものだが、ホテルでは毎日従業員のおじさんたちがせっせと落ち葉を拾ったり草むしり(どれが雑草なのだろう?)をしたり、手入れに余念がない。少なくとも、木の枝を剪定する作業には出会わなかった。
a0165235_1624302.jpg 植物にとって理想的な環境のこの地では、成長パワーを分散させないために剪定をする、などという涙ぐましい努力をしなくても、彼等は好きなように好きなだけ大きくなるのだ。どれだけ大きく、高く育っても、それを邪魔扱いする高層ビルもなければ、「落ち葉で足が滑って転ぶといけないから、すぐに掃いてください」と都庁に文句をつけるせせこましい住民もいない。

 そう勝手に信じていた。だから、一体ぜんたい何がかなしくて、自然のパワーを凝縮させてちまちまとした人工植物を作らなければならないのか。この熱帯でBonsaiを作りたい、と思う、その気持ちの裏には何があるのか。
 あまりに自然が大きいから、ジャングルが途轍もなく広いから、王族が、自分のものとはいえとても把握しきれない広大な敷地を、ちょっと手の平に乗せてみたい。そういうことだったりして?

a0165235_1625596.jpg 帰りのフライトを逃すわけにはいかないので、ドライバーさんに「ちょっと、ここで止まってください」と言ってBonsaiの店の中に入っていくことはできなかった。今度ウブドに行ったら、ホテルから歩いて訪ねてみようか。バリの盆栽って、どんなものだろう。案外、第一園芸で売っている直径5㎝の葉の、日本人にとっては普通のポトスかもしれない。
[PR]
by miltlumi | 2013-03-18 16:27 | Ubud in 2013 | Comments(0)

ウブドの鍵

 ウブドで泊ったのは、一応その地ではラグジュアリーとランク付けされるホテルだったが、部屋の鍵はふるっていた。閂、かんぬき、である。
 部屋はすべてコテージ形式。オープンエアのフロントの建物を出て石垣の路地を進んでいくと、赤いハイビスカスが飾られたバリ風の門構えが並んでいる。観音開きの扉を開けて中に入ると、玄関への短いアプローチ。振り向くと、扉のこちら側には素朴な木のポケットがついていて、表には仏様が人差し指を口に当てている絵(Don’t disturb)、裏には仏様が手を広げて笑っている絵(Make a room)が書かれている。Don’t disturbのときに掛けておくべき鍵は、やはり無骨で分厚い閂、なのである。
 コテージの玄関の鍵はといえば、こちらは南京錠。もちろん、オートロックであろうはずがない。扉そのものがサッシ扉ではなく、両扉の間や上下、わずかな隙間が空き空きである。
 
a0165235_1026179.jpg  ベッドルーム・バスルーム・リビングループは全てプライベートプールに面した全面ガラス張りで、当然それらもサッシではない。結果的に、外から色々な訪問者がある。
 蚊帳釣りベッドだったせいか、寝ている耳元でぶぅ~~ん、と深いな羽音をたてる蚊の被害にはあわなかったが、代わりに明け方、「けたけたけた…」というものすごい大きな声。ヤモリである。東南アジアを旅行したら、ヤモリごときにいちいち悲鳴をあげてはなりませぬ、というお約束は忘れていないから、そのまままた寝てしまった。その後しっかり起きてトイレに行ったら、ヤモリがさささっとトイレタンクの裏に隠れた。隣室で鳴いていたのか。よく聞こえるわけだ。平たいヤモリは、おおらかな木枠の窓などお構いなしだ。
 部屋に入りそびれて、未練がましくガラスに張り付いていたのは、カエルである。レゴンダンスを見て夜遅くに帰宅し、サークルKで買い込んだインドネシア産ニッシンのカップヌードルとやけに美味しい菓子パンというおしゃれなディナーをとった後、ふと窓を見ると、ちょっとスパイダーマンみたいなやつが微動だにせずにじっとしていた。

a0165235_1032449.jpg プライベートルームこそガラス窓があるが、パブリックスペースであるレストランは窓がない。というより、つまりは東屋形式である。よほどの台風でも来た時の備えか、木製のブラインドがたくし上げられているが、スコールが来たくらいでは雨が降り込むのに任せ、2時間くらいでさあっと上がると、やおらモップで大理石の床の雨粒を掃き出すだけ。
 だから、アフタヌーンティーの傍らに鳥がやってくるのはもちろん、テーブルの上にはいつも蟻さんが無断侵入してきていた。東京のホテルでそんなことがあったら、それこそ総支配人呼び出しものだろうが、ここはウブド。人も動物も虫も、鍵はいらない。
[PR]
by miltlumi | 2013-03-03 10:33 | Ubud in 2013 | Comments(0)

大いなる生命力

ウブドで宿泊したホテルには、コテージのプライベートプールと、さらに4つのプールがある。
コテージは斜面に点々と建っていて、上手にお互いの視界からはずれているから、
プールの水面からは、向こう岸のジャングルしか見えない。遠いような近いような、奇妙な距離感。
a0165235_8243557.jpg

a0165235_8292557.jpg谷底のアユン川に降りていく途中にある
「Holy Spring」は、
崖をつたってあふれてくる湧水のプール。
冷たいかな、とおそるおそる指を入れると、
バリの空気と同様、暖かく、柔らかい。
プールというより沐浴の場のようで、
中に入っているだけで、
水のエネルギーが身体に染み込んでくるよう。

入口の階段の一段一段に、
毎朝まっ赤なハイビスカスが飾られる。
3日目の朝は、赤の両脇に黄色い花も加わった。
庭師のおじさんの、ちょっとした遊び心。
それとも、特別なお祈りの日だったののだろうか。
a0165235_8363791.jpg














スパに併設されたプールは、
写真の逆側の石の壁面では、
女神が甕から細く水をたらしていて、
思わずその水の重みを身体で受け止めたくなる。
修験者の滝修業、ではなく、
アーユルヴェーダの額のオイルのように。
ウブドの神様は、あくまで優しくて、まろやかなのだ。
a0165235_8482646.jpg

a0165235_8545097.jpg大きく蛇行するアユン川に沿って
作られた細長いプール。
日本のホテルなら、
つい「流れるプール」にしてしまいそうだけど、
ウブドではそんな無粋なことはしない。
プールの底には、
ごつごつした大きな岩が隠れていたりする。
プール沿いに植えられた木々は、
ランダムなようで、ちゃんと計算されている。
どこまでが自然か、どこからが人口か。

左奥の藁ぶきの東屋は、
毎朝ヨガ教室が行われる。
滞在中、1日だけ出席した。
せせらぎの音と、鳥の声を聴きながらのヨガ。
目を閉じていても、
まぶたごしに朝陽の眩しさが透かして見える。


そして、幾度となくお世話になったメインプール。
1日目の夕方、午前中は晴れ渡っていた空に、西からだんだん雲が移動してくる。
来るぞ、来るぞ、とわくわくしながらしばらく待つと、期待通りに雨粒がぽつぽつと落ちてくる。
楽しみにしていた、雨季のスコール。瞬く間にプールの水面は絶え間ない同心円のオンパレード。
デッキチェアを飛び出して、暖かいプールの水に浮かんで、暖かい熱帯の雨に打たれる。身も心も洗われる。
ホテルの名前についている「ピタ・マハ」は、「大いなる生命力」という意味。
ガイドブックに書いてあった言葉を、カラダで実感。
a0165235_933992.jpg
a0165235_931785.jpg

[PR]
by miltlumi | 2013-02-11 09:14 | Ubud in 2013 | Comments(0)

オープンなウブド

***日常茶飯事にかまけて、すっかり遅くなりましたが、1月下旬のウブド旅行の復習です***

ウブドのホテルは、サヤン通りからアユン川への急な渓谷にはりついたように建っていて、
ロビーを囲む四方のうち1.5くらいはオープンエア。
オープンな側から続く渡り廊下を歩いていくと・・・
a0165235_994253.jpg


正面にしつらえられたメインダイニングのエントランスごしに、
渓谷の向こう側のジャングルの森が見えるのです。
左写真のような感じに、室内の壁が額縁のようになって、眩しすぎる外の緑がくっきりと映えます。

その額縁の窓際に近寄れば、藁ぶき屋根のコテージと、はるか下に蛇行するアユン川に沿ったプール。
a0165235_9153368.jpga0165235_9175254.jpg























傾斜の強い苔むした石段を降り、木の上のターザンの住処のようなエレベーターを降りて、
川のすぐ近くまで行けば、オージーたちが歓声をあげてラフティング中。
川縁では、どう見ても地元の子供たちが、釣竿をたれています。
(しかし、この子たちは、どうしてこんなにきれいに整列しているのだろう)
ホテルの入り口では厳重なセキュリティーチェックがあって、クルマの下まで探知機で調べられるというのに、
子供達はどこから侵入してきたのか。やっぱりどこかのどかでオープンな、ウブドのホテル。
a0165235_9282636.jpga0165235_9285322.jpg
[PR]
by miltlumi | 2013-02-09 09:36 | Ubud in 2013 | Comments(0)

まめまき

豆まきをした。窓を開けて、小さな声で「鬼は外」と言って植え込みに向かって豆を投げた。
たった5・6粒なのに、ざざざっとしっかりした音がしたので、そそくさと窓を閉めた。

「福はうち」をやろうとしたが、
窓を閉めてしまったら、せっかくの福が外から入ってこられなくなることに気づき、再び窓を開けた。
さっきより少し大きな声で「福はうち」と言いながら、今度はしっかり3粒数えて軽く部屋の中に投げる。
競争のように走り寄ってきて食べそうになる犬はもういないけれど、
福をまとった(はずの)豆をきっちり3つ数えて、速やかに拾い集める。

ベッドルームと玄関で同じことを繰り返して、
合計9つになった福豆を、ダイニングテーブルに一旦並べてから、ぽりぽりと食べる。
本当は51個食べないといけないのだけれど。

「福はうち」と言ったとき、
七福神の恵比寿さまのような神様がほいほいとうちの中に入ってくる光景が目に浮かんで、
それを思い出したら一人で福豆をかみながら笑ってしまった。

真冬の寒さから逃れるために、珍しい都会の大雪が解け残る東京をあとにしてバリに旅立ったけれど、
帰ってきたと思ったら、日本もほのかに春の気配だ。

a0165235_21503043.jpg

<ウブドの目抜き通り、ラヤ・ウブドから北に自転車で15分くらい、田植え前のライスフィールド>
[PR]
by miltlumi | 2013-02-03 21:42 | Ubud in 2013 | Comments(0)

ウブド・三夕(さんせき)

2年ぶりのウブド。
街の中心から少し離れたサヤン通りからアユン川までの広大な敷地に立つホテル。
ガラス張りのベッドルームからは、渓谷をはさんで向こう岸の崖に生い茂る熱帯の木々を見晴るかす。

雨季の今、毎日3時を過ぎると青空が曇り始め、4時過ぎには必ず雨が降った。
大粒のときもあれば小粒の時もあり、ぽつんぽつんのときもあればざざざぁ~の時もあり、
でも7時前にはだいたい小降りになって、向こう岸の空が茜色に染まる。

4日間のうち、3日間はそうした夕焼けに出会った。
毎日、同じ時間。毎日、ちがう雲。ちがう赤、ちがう青。やがて漆黒の闇。
a0165235_20322127.jpg
1月20日
a0165235_20325488.jpg
1月21日
a0165235_2033949.jpg
1月22日
[PR]
by miltlumi | 2013-01-27 20:34 | Ubud in 2013 | Comments(2)