ぽよよん (その3)

(その1)はこちら・・・
(その2)はこちら・・・ 
 ただし、よほどこのぽよよーんがひどい場合は、やはり再手術という手段があるそうだ。もう一度お腹を開いて、筋膜をぎゅっと縫い合わせる。場合によってはメッシュで裏打ち(!)して筋膜がまたぽよぽよのびてしまうのを防ぐやり方もあるらしい。入院期間は1週間。予想どおり、内臓にメスをいれるわけではないので、この前の手術に比べればお気楽なものだ(たぶん)。
 であれば、しばらくこのまま様子を見て、あまりにみっともなければ手術のお願いをすればいいのだ。もちろん、術後3ヶ月は腹筋運動厳禁。重い物を持ってもいけない。そのルールを踏まえて、手術のタイミングを見計らえばよい。今度はちゃんと万全の準備を整えて入院しよう。9月に再手術するとすれば、年内はスポーツジムはお預けか~。

 あれこれと思いをめぐらせる目前で、医師のアドバイスが続く。
  「腹筋を保護してあげるために、コルセットをするといいでしょう」 
 なに。そんなカンタンなこと、初耳である。傷口の保護というなら、退院直後から装着すべきではないか。もっと早く言ってくれればいいのに。筋膜が伸びちゃったあとにやったって。。。ぶつくさ。しかし、再手術よりはカンタンそうだ。ともかくうちに帰ってPCで「腹筋、コルセット」と検索すると、腰痛対策のコルセットがずらり。とりあえず締めつけ度が「軽度」で夏向きの「軽涼」と謳っている商品を注文する。
 さらに翌日、デパートの下着売り場に行って、何十年ぶりかでガードルというものを探す。バブル時代は、女性もアメフトみたいな肩パットにウェストがきゅっという逆三角形体型がもてはやされたので、ガードルは必須アイテムであった。しかし無理にお腹をしめつけて血行が悪くなるというので、いつのまにか超マイナーな存在になってしまった。
 というわけで、広い下着売り場でもガードルを置いてあるコーナーはごくわずかだった。ワコールの片隅の短いラック半分くらいのスペースに並んだ、じみーな肌色の股上の深―いモノたち。しかもなんと、コルセットより高い。それでも、「試着もできますよ」という親切な店員さんに促されるまま身につけてみると、久しぶりにおなかをがしっとガードされた感覚が、意外に心地よい。血迷って2枚買いそうになるが、まあコルセットの着け心地を確認してからにしよう、と思い留まる。
 コルセットも注文の翌々日に到着。さすがにガードルよりも強力で、サポート力抜群。内臓に押されて、着古したパジャマのズボンのゴムのように情けなく伸びているであろう筋膜ちゃんを、外からぎゅううっと包み込んでくれる。「軽涼」と銘打つだけあって、この暑さでも装着していて不快感はなく、その「守ってくれる感」が肉体的にも精神的にも極めてよろしい。先生、もっと早くアドバイスしてくれればいいのに。

 かくして、そのときどきの気分に合わせてコルセットかガードルのどちらかを装着する日々が始まった。
そして驚くべきことに、「二度と元に戻りません」と言われたぽよよんおなかが、心持ちひっこんできたのである。これなら再手術は必要ないかも。もう少し経過を見た上で、考えよう。

 ということで、以上、開腹手術後のおなかぽっこり、傾向と対策。まあ、こんなブログを読むよりも、単純にお医者様から言われたことを忘れずに、厳守する、ただそれだけ、といえばそういうことではあるが。
ちなみに、開腹手術をしていないのにおなかぽよよんの皆さんにとって、筋膜をぐいっと縫い合わせる手術が効果あるかどうかは定かではない。健康保険が適用されるかどうかは、さらに不明である。
[PR]
by miltlumi | 2014-08-14 23:49 | イレウス奮闘記 | Comments(0)
<< ケッコン株式会社 ぽよよん (その2) >>