ネイルサロンカウンセリング

 ネイルサロンでいつも指名する女性は、私より10歳以上若い。お互いの私生活をかなり明細にバクロしあっている仲である。
 いつもはお客様である私の話題が多いが、先日は彼女から語り出した。
 「新婚旅行どうしようか、そろそろ真剣に考えてるんです」
 彼女は、3年一緒に暮らした彼とこの夏めでたく結婚式を挙げたが、新婚旅行はまだ。なのに彼をさしおいて、先月フラダンス友達とハワイ旅行してしまった。さすがに新婚旅行は来年の春くらいにはいかないとまずい。
 「モロッコとかどうかと思うんですけど」
 「わあ、いいじゃない。あそこってフランス圏だっけ。フレンチ美味しいかな」
 お気楽に相槌をうつ私に、今一つ浮かぬ顔。ああいう国では、素朴なバザールで日本には珍しい(かつびっくりするほど安い)雑貨をあれこれ物色するのが一番の楽しみなのだけれど、それだと旦那様より女友達と行ったほうが楽しいんじゃないか、と彼女は思っていたのだ。
 うっ。的を射た悩み。彼女より人生経験の長い私でさえ、パートナーより買い物好きな男性なんて、一人しか知らない。怪しげな市場で、カタコト英語で「1枚$10を$8にしとくよ!」「高い!$5」「無理2枚で$15は?」「3枚買うから$18にして」などと、たかがショールに30分もかけるなんて、普通の男性の理解を超えている。「好きなだけ時間かけていいよ」なんて甘い言葉を信じた暁には、苦虫を噛み潰した彼に出会えること畢竟。
 
 「モロッコ以外だと、彼はどこに行きたがってるの?」
 「スペインとか、南フランスとか…」
 「ああ、それなら新婚旅行としては無難でいいじゃない」
 「だから、モロッコは友達と行って、新婚旅行はそっちにしたいんだけど…」
 年2回の海外旅行、ちょっと贅沢だけど、たまには。と思いきや、さらなる彼女の悩みは、早く子供が欲しいので、旅行はその前にしたい。夏は仕事が忙しいので休めない。となると、来年前半に2回も休暇を申請することになる。この前10日休んだばかりなのに、また…と上司に睨まれるのではないか。しかもその上司は、50代女性。独身。ううう。
 「どうしたらいいと思います?」
 いつになく真剣に私の意見を求める彼女。私は断固として言い放った。
 「年明け、お屠蘇気分のときに『今年は私にとって一生に一度の大切な年なんですっ』って正直に2回休暇をお願いしたら?子供できたら当分海外旅行なんて行けないし、行けても子連れ。今しかないよ。一生に一度って、ほんとだもん。嫌味の一つくらい言われても、クビにはならないでしょ。だめと言われたら諦めればいいだけ」

 海外旅行なんていつでも行ける、と思ったら大間違い。その体力で、その感性を持って異国に触れられるのは、その時しかない。子供だって、欲しくたってすぐできるものじゃないんだから、1日も早く行動(?)に移さないと。50過ぎのミスのヒスを気にする余裕はない。

 やりたいことは、やりたいときに、やる。彼女は大いに勇気づけられたみたいだ。クビになったら、専属ネイリストになってもらうから。
[PR]
by miltlumi | 2011-12-10 09:01 | マンモスの干し肉 | Comments(0)
<< 「とおりゃんせ」がなかった時代に クリスマスリース争奪戦 >>