男らしさ・女らしさ

 友人(男性)から、このブログは「男っぽい文章だ」と言われて、とてもびっくりした。ロジカルで、こんな文章を書く女の人はあまり知らないという。取り上げている話題とか視点は明らかに女性的だと信じているので、おそらく文章構成とか話の展開の仕方が、ということか。
 日頃、仕事上は一応ロジカルに効率的に物事を処理しようと努力はしている。でも、ブログは単に思いついたこと・考えたことを書き散らしているだけ。人様の目に触れることを前提に、わかりやすく、読みやすくしようとか、800~1200字でおさめようとか、一応気は使っているものの、ロジカルにしようと思ったことはない。

 でも、そもそも「男らしい」「女らしい」という言葉は非常に危険である。ロジカルな文章が「男らしい」なら、「女らしい」文はロジックが通っていなくて感情に走ってるものなのだろうか。大体、近頃「女々しい男」が多すぎる(というふうに、突然話題が変わるのが「女らしい」女性の論理展開の特徴です)。
 あまりに多いので、もしかすると、世に言ういわゆる「女々しい」性格、つまりうじうじと過去のことに拘ったり、言いたいことがはっきり言えなかったり、決めるべきときにばしっと決められなくておろおろと悩んだりするのは、むしろ男性の典型的性格として、「男らしい」性格と呼んだほうがいいのではないか、と思ってしまう。

 私事で恐縮だが、離婚して家を出るときに、1カラットのダイヤモンドの婚約指輪を黙って金庫に置いてきてしまった。この話を男友達にしたら「男らしいね」と言われた。そうかなあ。
 別れた彼女に編んでもらったセーターを捨てられずにそのまま結婚して、新妻に詰め寄られて泣く泣く会社に持ってって捨てた(うちのゴミ箱には捨てるなと言われたらしい)という男性を知っている。これってすごく「男らしい」と思う。なぜなら女性の場合、別れた彼氏にもらったものは、気に入っていれば継続して使用するけど、あまり気に入らなかったものはとっとと捨てるもの。つきあっている最中は「この前の誕生日にあげたあのペンダント、どうした?」なんてうざいことを聞かれるから、不用意に捨てちゃうわけにはいかない。
 それから別れを「男らしく」はっきりと切り出せないのも男の特徴。「冷却期間を置こう」と男性に言われたら、それはつまりフラれた、ということだ。やんなったらやんなったって、はっきり言えよ!!と言いたくなる。仕方なく察してあげて、こちらが身を引いたりしたら、今度は未練がましく連絡してきたりする。

 これらは皆、私の身近だけで起こっているごく例外的なケースなのだろうか?
 上記の例において、「男」と書かれた部分を全て「女」に置き換えても通用するのだろうか?
 ところで、今日の文章はロジカルなのだろうか? 
[PR]
by miltlumi | 2010-03-16 20:38 | マンモスの干し肉 | Comments(4)
Commented by t1968 at 2010-03-16 23:34 x
いつもインテリジェントでチャーミングなブログにしびれてます。
初めてUP当日に拝見したので、初コメント差し上げます。
思い出したのは2年前のこと。転校した女の子から愚息宛に来た引越挨拶状。
ハガキの一番下の隙間に、小さく薄い鉛筆の字で「すきでした」。
彼はその五文字に全然気づかず。(血は争えず、愚鈍。)
その日脳裏に甦ったのは、僕が小学3年の時に転校していった初恋の女の子。
プリントゴッコで赤い屋根の家を描いたハガキを送ってきたのでした。(←今でもしっかり思い出せる)
「あのハガキにも『すきでした』って書いてあったのではないか? 俺は迂闊にも見落としたのではないか? そして僕の父はそれを目にしていたのではないか?」
忸怩たる思いと、最早確かめようのない甘美な謎…。墓場まで持って行きそうです。
(ちょっと考えるまでもなく、土星人の存在よりも確率低いと分かるけど…。)
親子揃って「男らしい」かな?
Commented by miltlumi at 2010-03-17 08:22
T1968さん、コメント(というより告白?!)ありがとうございます。
そのパターンは、今回エントリーの文脈としての「男らしい」というよりは、いわゆるマンモス体質ですね。マンモス狩りは獲物だけに集中するので周りが見えなくなる。干し肉女性は、コトバがしゃべれない赤ちゃんを育てるのに、ほんの小さな表情の変化に敏感にならざるをえないから、必然的に観察眼が鋭くなるのです。それがオトコにとっては「第六感」と映り、なぜ浮気がばれたのか!?とうろたえる。アレ、単にどっかで証拠をもらしてるだけなんです。マンモス系は要注意。話がそれました。
Commented by zelan at 2010-03-18 14:02
是蘭です。当方のブログ(http://zelan.exblog.jp/)同様、コンテンツはともかくとてもとても男らしい文章です。女性の話の展開の特徴は、リゾーム状に広がっていくことで、そういえば、そういえば、と、横にどんどんテーマがずれていく。我々だって「会話」のときはまさにそうだわ!
Commented by miltlumi at 2010-03-18 19:05
やはりそうか。。。 でも「そういえば」も、それなりのきっかけがあって横にそれるのよね。そのきっかけが何か気付かないのが男性。すんなりとその展開についていけるのが仲良しな女友達♪
<< 時差 読書の経済価値 >>